« 旧小原村への往診 | トップページ | フィジカルテスト »

痛いけどやめられない・・・

 この時期、中体連や高体連が始まり学生にとってはスポーツで忙しい時期になり、スポーツ障害で来院する方が多くなります。スポーツ障害は、捻挫や打撲、肉離れのような外傷と、使いすぎが原因のシンスプリント、アキレス腱炎、遅発性筋肉痛、慢性腰痛などのオーバーユース症候群に分けられます。
 外傷に関しては、重症のもの以外は適切な治療と安静で比較的よくなりますがオーバーユース(使いすぎ)はなかなか思うようにいきません。やはり休養が一番の治療なのですがそれがなかなか出来ません。休むことに不安や罪悪感を感じるのでしょうか?気持ちはよくわかります。私もそうでしたから・・・。
 高校時代はキャプテンをやっていたこともあり練習や試合はほとんど休んだことがありませんでした。捻挫をした時も腫れた状態でアホみたいにやっていました。そのせいでしばらく痛い状態が続きましたが・・・。
 オーバーユースは疲労の蓄積やバランスの悪さでなるのですが、軽度のうちは動くと痛みが軽くなりある程度やれてしまうのです。そのうち慢性化し、朝起きてからも痛くなり歩行時痛も出てきます。もうここまで来たら末期症状です。それでも足を引きずってやってしまう選手もおりますが・・・。ちょっとやそっとでは治りません。しっかり休んで治療をしないといけません。
 休んでしっかり治したいが試合は近いし、休むと動けなくなると考えてしまうのでしょう。本人にとってはかなりの葛藤です。『練習を減らすように!』『しばらくやめなさい!』と言ったところで真剣な選手ほどやめません。そんなにひどくなるとは思ってないのでしょうね。しかし少し賢くなり自分のコンディションをコントロールできるようになると適度に休み、セルフケアをしっかりやるようになります。

 いまバスケットをやっている中学生が脛骨疲労骨折寸前でみえております。
『このまま無理して10日後の試合に出れなくなったれどうするの?』と聞くと
『県大会にはいけないかな・・・。』と言うのである。
『君の活躍がなかったらそうかもしれないけど、そうじゃなくて自分はどうなの?』と聞くと
『そりゃーいやだけど、痛み止めを打ってでも出ますよ』と言うのである。

 それだけ一生懸命なのはわかるけど・・・(>。<)。気持ちや根性だけで何とかなるものとそうでないものとある。出来るだけわかりやすく話をして理解してもらうように努めるのだがそれでも伝わらないようなら保護者や指導者にストップをかけてもらいます。一生懸命な選手ほど頭ごなしに『ダメだ!』と言っても聞きません。本人の気持ちが折れないようにうまくサポートするのも大事だと思っております。
 休みたくないと言う選手には出来る限りのセルフケアをするように指導し、この状態になったらやめなさいとボーダーラインを設定します。指導者の方にある程度の理解をしてもらうのが一番重要になってくるでしょうね。
 心も身体も一番いい状態で試合に臨んでほしいものです。 

|

« 旧小原村への往診 | トップページ | フィジカルテスト »

スポーツ」カテゴリの記事

鍼灸治療」カテゴリの記事

トレーニング」カテゴリの記事

コメント

 厳しいシーズンですが辛抱して頑張ってください。しっかり休んでちゃんと治療すれば必ずよくなります。
 この経験はこの先けして無駄にはなりません。この先の現役生活、その先の指導者の立場になった時同じように辛い思いをする選手に遭遇すると思います。辛い状況になったことのない人にはなかなかわからないことがありますから・・・。自分と同じ状況にならないように支えてあげてください。それから自分の体調管理にも十分気を配ってください。
 くれぐれも無理しないようにコントロールしてください。同じ繰り返しが続くと精神的なダメージが大きくなりますから。体調、精神状態がよくなればもっと回復も早まります。
 君のゴールラッシュを楽しみにしております。

投稿: くまさん | 2006年6月 2日 (金) 16時44分

いやー自分も該当するかと思うと耳が痛いですね。

何度も注意されているのはわかっているのですが、チーム状態も良くないし【自分が居ないからこんな状態になっているのか?】と勝手な勘違いもあったり、またちょっとでもチームに貢献したい気持ちもあって痛くてもやってしまいました。

はじめは痛みだけなら関係ないや、と思って試合に出ました。もちろん痛みが大きくなる覚悟はありましたが、まさかあれ程の激痛になるとは思いませんでした。数年前足首を剥離骨折してそのまま試合していました事がありました。その時も腫れと痛みはありましたが、今回ほどでは無かったと記憶しています。

さすがにあの激痛に貢献する気持ちどころか歩けなくなってしまい、完全に故障してしまい落ち込みました。こんな痛みになるとは思わすに正直舐めてましたね。

あれから1ヶ月位経ちました。その間、色々とありがとうございました。
先週の試合を完全休養したお陰で昨日、今日で走れるまで回復しました。まだ痛みがあるので油断できませんが、昨日の練習で久しぶりに他の選手と混ざり同じメニューを出来たことがとても嬉しかったです。次は試合で良いパフォーマンスが出来るようにしたいと思います。

また故障したらすみません。その時は宜しくお願い致します。

投稿: No.11 | 2006年6月 2日 (金) 15時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛いけどやめられない・・・:

« 旧小原村への往診 | トップページ | フィジカルテスト »