« んー眠たい・・・ | トップページ | どこまで伸びるの・・・? »

顎関節の異常

顎関節(TMJ)の異常によりさまざまな症状をもたらすことがあります。

顎関節は最も平衡感覚に関与しているとも言われています。

顎関節自体に症状が無いことも多いですが悪化すると顎の痛み、顎が開け難くなる、動かすと音がするようになる、顎がはずれやすくなるなどの症状が出るようになります。このような症状が出ると『顎関節症』といわれます。

また顎関節に関与する症状としては、肩こり、頭痛、耳鳴り、三叉神経痛、五十肩、膝痛、股関節痛などがあります。内臓的には胃、大腸、子宮、卵巣なども関与するといわれています。

原因はいろいろあるのですが主に・歯ぎしり・食事の時片方ばかりで噛む・長電話が多い・歯の異常、歯並び・姿勢的な異常・内臓的な異常などがあります。

どのような状態が異常かわかりにくいとは思いますが、まず・口をあけた時指が縦に3本入らない・鏡を見ながら口をあけた時まっすぐ開いてない・耳の下のくぼみに指を当て口の開閉をしたとき左右差があるなど目安になると思います。

顎関節の異常も鍼灸治療、手技的な治療により改善します。

治療法は状態によって異なりますが顎関節、頚部(C1、C2、C3)、仙腸関節などを使います。

歯並び、顎の形状の異常に関しては歯科、口腔外科にてしっかり診てもらいましょう。

顎関節が正常になり、噛み合わせがよくなると美人になりますよ(●^o^●)

|

« んー眠たい・・・ | トップページ | どこまで伸びるの・・・? »

病気のお話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顎関節の異常:

« んー眠たい・・・ | トップページ | どこまで伸びるの・・・? »