« う○こ・・・? | トップページ | お盆休みも終わり・・・ »

『内臓からくる痛み???』

先日右の首から背中にかけて急に痛くなったという患者さんがみえた。

よくある症状だが、患者さんは心配され

『うちの人たちが『それは内臓からくる痛みかもしれないから内科に行った方がいい!』というから病院へいこうとおもうんだくけど・・・』

というのである。

確かに内臓が影響している症状なんだけど・・・・。

『もし心配なら検査をしてもらってもいいとは思いますが、胃カメラ飲んだり、CT撮ったりしているうちによくなりますよ。胃の影響、冷房による冷えの影響を受けているとは思いますが病気の疑いは少ないので少し様子を見て、次回の診察の時にでも相談してみたら?』

と伝えた。案の定3回ほどの治療で大方よくなった。

そもそも内臓からくる痛みや症状というのはなぜ起きるのでしょう?

一つにの問題があります。
ものは基本的に熱を持つと体積が増えます。
胃や腸、肝臓など食べたものの影響、薬、お酒、ストレスなどにより熱が高まります
また熱を持つ部分があるとバランスをとるために冷える部分も出来てきます。
熱が高まると、体積が増したり、冷やすために体内の水分がその臓器に集まったりして、身体の重力線の位置が変わります。
胃熱が強くなれば、前方に重力線が傾きます。
肝臓の熱が高まれば右に傾きます。
子宮の左屈があれば左に傾きます。
複合してくるとねじれも出てきます。
話を進めていくと物理や化学のお話になってしまうんですけど・・・。
学生時代物理や化学が大嫌いだったんですが最近は少しは好き??になってきたかな?

ようは体内のいろんな反応が一番痛みとして現れやすい筋肉などに症状を表してくることがあるのです。

それを考えると東洋医学というのは何千年も前から、そのようなことを唱えてきたのだからすごいですよね!

特に変わったことをしたわけではないのに痛みが出てきたというような時にはまずは今の生活を見直してみてはいかがでしょう?

原因となるものが見つかるかも。

身体の症状というのは、身体からのメッセージです!

たまには耳を傾け、身体の訴えも聞いてあげましょう。

なかなか症状が取れなかったり、付随する症状があるときは医療機関で診てもらいましょう。

ただあまり神経質になりすぎて『これも内臓からの痛みでは?』と気にしすぎては検査しきれないこともあります。
半年から1年に一回くらいは診てもらっておくとよいですが、特に大きな変化がなければ過剰に心配しなくてもよいかと思います。
どうしても心配な方は不安を取り除く意味でもしっかり診てもらうのもいいかもしれません。

もし検査で異常が見つかって治療が必要だとわかってから治療法を選ぶのは自分自身になります。

薬だけに頼るのもよいですが、東洋医学的な鍼灸治療なども併用するとよりよい効果がえられますよ!

人気blogランキング ←こちらをぽちっと押していただけると・・・。

|

« う○こ・・・? | トップページ | お盆休みも終わり・・・ »

東洋医学・漢方」カテゴリの記事

病気のお話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『内臓からくる痛み???』:

« う○こ・・・? | トップページ | お盆休みも終わり・・・ »