« 身体の重心って | トップページ | お知らせ »

腎盂腎炎による腰痛

先日こんな患者さんがみえた。

30代女性、2日ほど前より左の腰が痛い。

今まで腰痛もなく特に思い当たる原因はない。

しいていえば前日に長時間岩盤浴で大量の汗をかいた。

安静にしていても痛みがあり、痛みにより腰をかがめてしまう。

もしかしてと思い、熱をはかってみると37.8℃。

全身倦怠感あり、わずかに頻尿傾向、排尿時の違和感、腹部の膨満感、効いてみると朝不正出血のような出血もあり。

患者さんに腎盂腎炎の疑いがあるので、明日には泌尿器科を受診するように告げた。

鍼灸治療でも改善する可能性を告げ治療させていただいた。

まずは腎機能を高め、利水を目的に治療させていただいた。

治療後、お腹の張りも軽減し、痛みも和ぎ、熱も37.2℃まで下がった。

その患者さんははじめて鍼灸治療を受けたのですが少しびっくりされていました。

『てっきり普通の腰痛だと思っていました。熱があるなんて思わなかったし、そういうことでも腰痛って起きるんですね』

まさか鍼灸院で腎臓のことを指摘されるとは思わなかったようです。

膀胱炎、腎盂腎炎などは鍼灸治療でも対応できますが一度は泌尿器かでしっかり検査してもらいましょう。

長引かないように病院の治療と併用するとよいでしょう。

ところでこの方ので原因ですが、個人的な見解としては岩盤浴で背中を温めすぎ、汗をかきすぎたことにより、腹部の冷えが強くなったのではないかと思います。

また夏の疲れ、季節の変わり目なども要因になっているのではないかと思います。

なぜ左だけ痛くなったのでしょう?

東洋医学では左の腎臓は水毒が影響するといわれております。

また解剖学的にも左の腎臓の方が右より低い位置にあります。

臨床上左の腎臓にこのような症状が起きることが多いような気がします。

5年ほど前、私の妻も腎盂腎炎になり、病院でクスリを頂いたがなかなか痛みがとれず、鍼灸治療で劇的に痛みが改善したのを思い出します。

このようなこともありますのでお気をつけください!

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援宜しく!

|

« 身体の重心って | トップページ | お知らせ »

病気のお話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腎盂腎炎による腰痛:

» 背中の痛み 痛い背中を直す [背中の痛み 痛い背中を直す]
背中の痛み 痛い背中を直す♪ [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 16時13分

» ぎっくり腰 [けん先生のプライベート・ブログ]
ぎっくり腰って知ってますか?知ってますよね。我々は急性腰痛と呼んでいます。みなさんの想像では、きっと『ゴキッ!あ痛たたたぁ〜・・・うぅぅぅぅ』ってなる感じを想像することと思います。では、実際どうでしょうか?当院でも多くの方がこの『ぎっくり腰』で来院され...... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 11時04分

» 膀胱炎・尿道炎 [病名・症状から調べる漢方の処方辞典]
膀胱炎・尿道炎に効果のある漢方処方 [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 13時06分

« 身体の重心って | トップページ | お知らせ »