« 脂肪肝は酒をやめなくても治る・・・? | トップページ | ドッグラン・・・ »

スモン病患者の鍼灸治療

先日スモン病の患者さんがみえた。

大学時代研究の一端で少しみさせていただいたことがあったがそれ以来である。

スモン病とは整腸剤『キノホルム』の薬害であり、腹部膨満のあと激しい腹痛を伴う下痢がおこり続いて、足裏から次第に上に向かって、しびれ、痛み、麻痺が広がり、ときに視力障害をおこし、失明にいたる疾患である。膀胱・発汗障害などの自律障害症状・性機能障害など全身に影響が及ぶこともある。

幸いその方は一時ひどかったが今はだいぶ落ち着いているようであった。

30数年前の出来事なのでこのあたりの地域ではもう2,3人しかいないそうである。

スモン病の患者さんは鍼灸・マッサージの治療は公費で受けることが出来ます。

少しでも楽になっていただけたらと思います。

しかし薬害って恐ろしいですよね!

良くなると思って飲んだ薬で取り返しのつかない身体になってしまうんですもの。

これからはそんなことがないことを祈ります。

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援宜しく!

|

« 脂肪肝は酒をやめなくても治る・・・? | トップページ | ドッグラン・・・ »

鍼灸治療」カテゴリの記事

病気のお話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スモン病患者の鍼灸治療:

« 脂肪肝は酒をやめなくても治る・・・? | トップページ | ドッグラン・・・ »