« 被害者の為に・・・ | トップページ | 御講演ありがとうございました! »

長野県生殖不妊症研究会

Huninsinmai8日(土)に第9回生殖不妊症研究会が飯田市立病院にて開催されました。
私たちは『飯伊鍼灸師会不妊症プロジェクトチーム』として3月からの鍼灸治療の報告をさせていただきました。鍼灸師としてはじめてこのような会に参加させていただき非常に有り難く思います。
新聞記者の方も取材に来ていただき9日の新聞にも掲載されているのでみた方もいると思います。
記事の内容はこちらをご覧下さい。

報告では25人中4人となっておりますが先月当院でもう1人妊娠されておりますので今のところ5人です。
今までの経験から時間がかかることは覚悟しておりましたが、もっと成果を出したかったのが正直なところです。しかし身体症状の改善、精神状態の改善、月経状態の改善には一定の効果があることは実感しております。今回重症不妊、高齢不妊、器質的な不妊も含まれているため、もうしばらく経過をおって治療を継続していきたいと思います。
不妊症は経過が長くなるほど、精神的な要因が強くなっていく傾向があります。少しでも精神的、身体的な負担の軽減に手助けしたいと思っております。

今回、産婦人科の先生やエンブリオロジストの方たちといろいろ話ができ、たいへん勉強になりました。貴重な機会を提供してくださった産婦人科の先生方に感謝しております。来年にはもっと良い報告ができるように頑張りたいと思います。

|

« 被害者の為に・・・ | トップページ | 御講演ありがとうございました! »

不妊症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154645/17331821

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県生殖不妊症研究会:

« 被害者の為に・・・ | トップページ | 御講演ありがとうございました! »