« 年末年始のお休み | トップページ | あけまして7日目 »

パーキンソン病について学ぶ

Pc260070 先日、飯伊鍼灸師会において丸山哲弘医師(まるやまファミリークリニック院長)をお招きし『パーキンソン病について』ご講演頂きました。基礎的なことから、症状、治療に至るまで幅広くご講義頂きました。

その中で、治療は内科的治療が中心となるが、筋肉のこわばり、腰痛をはじめとする筋肉痛、自律神経症状には鍼灸や漢方を併用していく方がより効果的であると述べておりました。

丸山先生は神経内科が専門ではありますが、内科、整形外科、小児科、漢方など幅広く診られ患者さんを統合的に診ていくスタンスをお持ちです。いろんな意味で勉強になります。

より患者さんに喜んでいただくためには、常に自分自身のレベルアップを図ることが必要だと思います。

来年もさらなる成長を目指して頑張っていきたいと思います。

|

« 年末年始のお休み | トップページ | あけまして7日目 »

病気のお話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。