« 琉球舞踊 水無月に舞う | トップページ | これなーんだ? »

子宮内膜症に対するセルフケア

月経困難症、不妊症などの原因の一つに子宮内膜症というのがあります。

これは子宮内膜が子宮内膜以外のところにできてしまう病気のことです。

重度のものです根本的な治療が難しかったり、適切な処置が必要になりますが、軽度のものですと予防も含め鍼灸治療などでも症状は軽減します。

今回は子宮内膜症に対するセルフケア紹介しますので参考にしてみてください。

【子宮内膜症に対するセルフケア】

◎月経不順を改善する

子宮内膜症はエストロゲンによってその症状が悪化します。月経周期が短い
場合、月経の期間が長い場合は、子宮内膜症が発症しやすくなります。

そのため、規則正しい生活リズムを心がけることで、正常な月経サイクルを
目指すことが大切です。

◎食生活を改善する

肉や加工肉、乳製品、動物性脂肪をを多く摂る女性ほど子宮内膜症を発症し
やすく、野菜や果物を多く摂る女性ほど発症しにくいとの報告があります。

特に、ブロッコリーなどのアブラカ科の野菜や大豆食品、食物繊維を多く摂
ることで、過剰なエストロゲンの影響を軽減し、反対にカフェインの過剰摂
取や肥満はその影響を増大します。

また、脂肪の摂取について、オメガ3脂肪酸を多く、トランス脂肪酸を少な
くすることで、炎症しにくい体質になり、子宮内膜症の影響を軽減できる可
能性が高くなります。

|

« 琉球舞踊 水無月に舞う | トップページ | これなーんだ? »

婦人科疾患」カテゴリの記事

コメント

アブラナ科やオメガ3に最近気を使って
食事するようになって
体調もすこぶる良好です。
本当に日々の食事って大切ですよね。

投稿: エストロゲン研究の★吉野 | 2012年5月 9日 (水) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琉球舞踊 水無月に舞う | トップページ | これなーんだ? »