« 腰痛ガイドブック その3 | トップページ | 1年間、ありがとうございました。 »

男性の精子濃度が17年で32%減少!?

おはようございます(^_^)寒い日が続いてますね。今年もあと半月。いい歳が迎えられるように身体のケアもしていきましょう!

今日はこんな記事があったのでシェアさせて頂きます。

 

男性の精子濃度が17年で32%減少

男性の妊娠させる力に影響を及ぼすもの

20121206

Human Reproduction

1989年から2005年の17年で、フランス人男性の精子濃度が32.2%、正常な形態の精子が33.4%、それぞれ減少していることが判明しました。

フランス衛生監視研究所(InVS)の研究者らは、1989年から2005年までの17年間に、パートナーが卵管障害が原因の不妊症で体外受精を受けた男性26,609名の精子濃度、運動率、正常形態率を調べました。

その結果、調査期間の間に精子濃度が32.2%、年に1.9%の割合で減少していることが判明しました。平均年齢35歳の男性では1989年に平均7,360/mlだったのが、2005年には4,990/mlに減少していました。

また、同じ期間の正常形態精子は33.4%減少でしたが、運動率は49.5%から53.6%に上昇していました。

研究者らは、精子の数や正常な形態の精子数の減少がフランス人男性全体の傾向と考えてよいこと、また、被験者はパートナーの女性が卵管障害で体外受精を受けている男性であり、精子の質に影響を及ぼす生活習慣等を考えると、全体傾向はもっと悪化していると考えられるとしてます。

※フランス人の統計ですが日本人もその傾向はあるようです。もしかしたらもっと悪いかもしれません。研究者は環境ホルモンの影響を指摘しているようです。この影響は次世代まで影響を与える可能性があるようです。
男性の生殖能力の向上にももっと目を向けていく必要があるかもしれませんね。

|

« 腰痛ガイドブック その3 | トップページ | 1年間、ありがとうございました。 »

不妊症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腰痛ガイドブック その3 | トップページ | 1年間、ありがとうございました。 »