« 性交渉多いほど流産率低下 | トップページ | 不妊鍼灸ネットワークin京都2014 »

「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い

こんにちは。寒い日が続きますね。

以前よりささやかれている「卵子の老化」について河合蘭さんの記事がありましたので掲載させていただきます。正しい認識を持つことはとても大事だと思います!

 

1.「女性は卵子が老化し始めたら、もう産めない」という誤解

本当のところ何歳まで産めるの?

卵子の老化はとても長い年月をかけて進行します。ですから、卵子の老化が指摘される年齢になっても、妊娠しなくなるのではなく、その力が少しずつ減っていくだけです。実際には、避妊をやめてから授かるまで月数、もしくは年数がかかるようになります。
よく「避妊をやめたら数ヶ月後には妊婦になると思っていた」という人がいますが、30代妊娠ではなかなかそうはいかないわけです。それでも、生殖機能が正常で性生活もある男女であれば、時間はかかっても基本的に妊娠します。
避妊をしないで、若い頃からたくさん子どもを産んできた人の出産年齢を見ると、少しずつ間隔があくようになっていくので、そのことがよくわかります。20代では2年おきに1人産んでいた人が、同じ人なのに40歳になると34年に1人になったりするのです。
1
ヶ月のうち一番よく妊娠する日(排卵日の2日前)に性生活を持った場合の妊娠率を調べた統計では、女性が3539歳の場合、3割が妊娠しました。()
この妊娠率は、1926歳の半分くらいです。ですから35歳を過ぎると20代前半の半分の妊娠力になっていますね。それでも、妊娠しないわけではありません。特に30代のうちなら、排卵日を意識していれば、そんなに幾歳月をかけなくても妊娠するはずです。
ただ、待てる年齢に限界はありますし、排卵日を意識するのは実際には手間のかかることです。漫然と待っていると時間切れになることもあるので、なかなか妊娠しないようなら受診するなど、高齢になった女性は気をつけなければならないのです。

2.「卵子は35歳を過ぎると急激に老化し始める」という誤解

34歳はセーフ、35歳はアウト」と思うのも、大きな誤解です。先に述べたように、妊娠力は少しずつ低下します。
35
歳という年齢はどうかというところですが、妊娠力の低下は35歳よりもっと早いとも言えるし、もっと遅いとも言えるでしょう。
前述の、自然妊娠を調べた研究では、妊娠率は20代後半にはもう低下し始めました。体外受精ではもう少し遅れて、妊娠率は32歳くらいから低下し始めます。ただ、先ほど書いたように、老化の始まりはわずかな変化でしかありません。ですから、妊娠力の低下が実感され、さらに深刻になるまでにはまだ時間があります。
また、妊娠力の低下は毎年同じように下がっていくのではなく「変わり目」の年齢があります。その変わり目を超えると妊娠しにくいという実感が出てくるかもしれません。
急激な低下が始まる変わり目年齢としては、35歳と考える医師はあまりいなくて、一般的に3738歳と言われています。さらに40代、それも4243歳になると、また一段と状況が厳しくなります。
ここであげた年齢はみんな、昔から言われている「女の厄年」に近い数字です。女性の厄年は33歳と37歳です。昔の人は身体の節目についてよく知っていたんですね。

3.「精子は老化しない」という誤解

卵子は胎児の時期に700万個作られて、その後は作られません。それは、卵子を作る卵祖細胞がなくなってしまうからです。
これにひきかえ、精子を作る精粗細胞は生涯精巣にあります。そして精子を1日一億個も作り続けるので、精子は常に若いということになっています。
それでも、精子に老化がないかといえば、そんなことはありません。先の研究報告でも、若い女性は男性の年齢は関係ないのですが、30代後半の女性では、パートナーが5歳以上年上、つまり40歳以上の場合は妊娠率が3分の2くらいに低下しました。
精子バンクに精子を提供するドナー男性にも年齢制限があるのが普通で、それは50歳くらいのことが多いようです。
精子の老化は女性に較べてとてもゆるやかなのですが、若い時から精子を作る機能が弱い男性、特に年齢が高い男性の場合は加齢の影響が出ます。

個人差が大きいのが「老化」の特徴

医師の間では「閉経の10年前まで産める」と言われています。閉経には大きな個人差があるので、産めなくなる年齢にも同じように個人差がかなりあります。閉経は40代前半から50代中頃までに起きますので、30代中頃から40代中頃までのどこかに限界がある人が多いでしょう。
個人差は、老化のことを考える時にとても大切なポイントです。避妊のない大正末期の統計によると、50代で(もちろん自己卵の自然妊娠で)出産する人が年間3000人以上いました。

過信に気をつけて 高齢出産による不妊

集団を調べてその傾向を知ることはできます。ただ、自分という個人が早くから産めなくなってしまう人なのか、それとも50歳近くても産める人なのかは自己診断することはできないし、実は医師にも正確にはわかりません。
アンチミューラリアンホルモン検査という血液検査では卵子の在庫数が推定でき、体外受精の成功率の目安になるので非常に注目されています。ただし、この検査の値が低くても妊娠する人もいます。
ただ「自分は遅くまで産める身体」と過信してしまうと、実はそうではなくて、あとで後悔するかもしれません。また、きょうだいが欲しい人がひとりしか産めないこともあります。
現代の妊娠は、みんなが20代で産み終えていた昭和の感覚で考えてはだめだということです。30代、40代で出産する時代には、ひとりひとりが身体のことをよく知り、必要ならば対策を打っていく必要があるのです。「卵子の老化」の知識は、そこで初めて「安心のための知識」になります。

COVER

 

『卵子老化の真実』 (文春新書) ¥893

 


◆さらに詳しいことを知りたい方は『卵子老化の真実』(文春新書)をお読み下さい。卵子老化、高齢出産、出生前診断など30代、40代の妊娠、出産で知っておきたいことを徹底取材しました。

 

|

« 性交渉多いほど流産率低下 | トップページ | 不妊鍼灸ネットワークin京都2014 »

不妊症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 性交渉多いほど流産率低下 | トップページ | 不妊鍼灸ネットワークin京都2014 »