天使の子供

こんにちは(*^_^*)世間はクリスマスシーズンて感じですね(^_-)-☆

今年もあと少しとなりました。体調を崩さず新しい年を迎えたいですね!

今日はダウン症についてのお話。

当院にもダウン症のお子さんが患者さんで来てくれております。扁桃腺機能の低下から風邪をひきやすく、睡眠時のSpO2が低下するためその予防で通われております。今年の冬は大変調子がいいですね。もちろんダウン症が治るわけではないですが、関連する症状の軽減は期待できます(*^^)v

しかしダウン症児はほんと天才じゃないかって思います!とても面白く、癒されます。私はその子の大ファンになってしまいました(^_-)-☆

そのダウン症児のことをよく知らない方もいるかもしれませんが、ネット上でわかりやすい説明があったので添付いたします。

障害を持って生まれてくる子が世の中に必要な意味を考える必要があるかもしれませんね・・・。

 

ダウン症の赤ちゃんを迎えられたお父さん、お母さんへ。


ダウン症とは

 私たちは、最初は、お父さんの精子とお母さんの卵子の受精によってできるたった一個の受精卵でした。その受精卵が二つに分裂し、 それがさらに分裂を繰りかえして私たちの体を作る細胞になります。
 細胞には、核があり、そこには染色体があり、私たちの体の設計図が記されています。 髪の色や目の色、顔や体の特徴だけでなく、私たちを形作るいろいろな情報が その設計図には書かれてあります。
 受精卵に書かれた設計図の情報は、分裂した体全体の細胞にも同じように書かれてあって、 すべての特徴を形作っていくのです。染色体のうち常染色体と呼ばれるものが22対、性染色体と呼ばれるものが1対あり、全体で46本の染色体があります。
 ところが、ダウン症候群は、22対のうち21番目の染色体が三本組になっているため、 全体としては47本の染色体を持ちます。そこで、「21トリソミー」とも呼ばれます。
 そのため、お父さんにもお母さんにも似ているけれど、ダウン症候群のお子さん同士には、同じような特徴が表れます。ダウン症のうち、多くがこの21トリソミーですが、そのほかに、21番目の染色体が他の染色体に付着した転座型と二回目以降の細胞分裂の過程で、 21トリソミーの細胞が出て、細胞の一部が21トリソミーとなるモザイク型があります。 染色体の突然変異は、誰にでも起こりえます。どの国でも、800人から1000人に一人の割合で生まれます。

 自然界を広く見てみると、動植物だけでなく、すべてが必要で、お互いに関わり合いながら、存在することに気づかされます。病気や障がいもまた、必要で存在するということについての科学的な研究もすすんできています。
そういったことを考えると、生まれてきたお子さんは、とても大切な存在と言えるでしょう。
 ダウン症候群のお子さんを育てられた先輩のご家族は、 よく「我が家の幸せのシンボル」という言い方をされますが、 昔から、ダウン症のお子さんが、世界のいろいろなところで、「天使の子ども」「幸せを配る人」という言い方をされるのも、 その特徴に由来するものだと考えられます。

ダウン症の特徴と特性

・他の赤ちゃんと同じような発達段階をたどりますが、 その発達の速度は個人差がありますが、比較的ゆっくりです。
・多くの場合、筋肉の緊張度が低く、体がとても柔らかです。
・個人差がありますが、抽象的な事柄や漠然とした事柄が理解しづらかったり、学習を習得するのに、時間がかかる場合があります。しかし、 一方、空間認知や模倣の力に優れていたり、また、想像力にも富んでいる場合が多いです。
・とても元気で病気に縁のないようなお子さんもおられますが、 心臓や、消化器系、眼科系や、耳鼻科系、皮膚科系、整形外科系などに、疾患がみられる場合もあり、中には出産後すぐに手術が必要なお子さんもおられます。
また、感染症にも罹りやすい場合があります。しかし、合併症は、ひとつひとつ治療をして 根治できることが多く、また、多くのお子さんは、大きくなるにつれて、丈夫になり、他のお子さんと同じように、元気にすごしています。家の近くの、 ご家族が何でも相談できる小児科医に、主治医をお願いするとよいと思います。
・口の筋肉が弱いなどのために、言葉が聞き取りづらい場合もありますが、心の中には、深い豊かな思いを持っています。周りが、根気よく聞き続けることで、 思いを伝えられるようになる場合が多く、また、お子さん自身も、手話や行動などで、 その豊かな思いを表現することが得意な場合が多いです。
・音楽やダンス、また、絵や習字などに、 素晴らしい才能を発揮するお子さんがたくさんいます。
・人の思いをよく汲み取り、優しく、明るく、人なつこく、 またユーモアのセンスのあるお子さんが多く、周りの人に、愛され、かわいがられているということをよく聞きます。
・上のように、ダウン症特有と言われるような特徴もありますが 、お父さんお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんたちの特徴も受け継いで成長をしていき、 それぞれの個性を持った子供さんだと言えるでしょう。

学校、仕事など

・学校は、一人一人の状況や希望に応じて、 地域の小中学校(特別支援学級か普通学級)、または、特別支援学校を選びます。
・仕事は、様々です。施設や作業所での作業をしている人もいますし、一般企業で就職している人もいます。また、ダンサーや俳優や、画家、 書道家などで、活躍しておられる方もいます。
本人や周りが、「ダウン症」という可能性のラインを引かず、 可能性と潜在力を信じて、興味のあることには何にでもトライしていくことで、 お子さんの未来の可能性は無限大に広がっていくと思います。
世界中にこれまでの「ダウン症」という既存の概念を塗り替えるような 活躍されている方がたくさんおられます。これから時代はきっと、ますますたくさんのお子さんが、活躍されてゆくことでしょう。
*ダウン症のお子さんが生まれたら、ぜひ、多くの人とつながりながら、子育てを楽しんでください。ダウン症のお子さんは、外が大好きです。
自然の中で、街の中で、多くの刺激を受けて、模倣をしながら、育っていきます。
また市役所などで相談し、ぜひ先輩のご家族と仲良くなって、いろいろなことを教わることで、きっと安心して子育てができると思います。

■監修
産婦人科医 池川明 (池川クリニック院長)   
産婦人科医 昇幹夫 (日本笑い学会副会長)
小児科医 上田美子 (清音クリニック)
小児科医 永尾尚子 (ながお医院院長)
21+Happyの天使たち
特別支援学校教諭 山元加津子

先日、長年の不妊治療の末、妊娠し出産した子が染色体異常のお子さんでした。お母さんはなかなか現実を受け入れれない状態だそうです。そりゃそうですよね。あんなに苦労した結果が望んでいた状況でなかったんですから…。
しかし時間がかかってもその子がこの両親を選んで生まれてきた意味を分かってあげてほしい・・・。そう願っております…。
例外なく誰もが幸せになるために生まれてきているのだから…。

 

 

 

| | コメント (0)

心音に秘められた力

 19世紀のドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルは、「個体発生は系統発生を反復する」と言っています。つまり、妊娠期間中の母親のお腹の中で胎児は生物進化38 億年を遡るわけです。38億年の生物進化の歴史を、胎児は、母親のお腹の中で再現させています。

単細胞の生命から始まり、心臓が動き出し、受精後30日ぐらいから魚類になり、両生類になり、手足が生まれ、爬虫類になり、38日目には哺乳類になり、やがて刻々と人間になっていきます。その期間中、常に鳴り響いていたのが母親の心音です。私たちにとって、母親の心音は懐かしい魂の故郷のようなもので、心音治良は、魂の故郷に立ち戻らせて子供の生理機能を活性化させるの

かも知れません。

母親の心音には偉大な力が秘められているようです。

 

| | コメント (0)

心音治療が開発されるまでの道のり

Syoni_img_2

なぜこのような治療を考案されたかお話させて頂きます。

 三角大慈医師は、30数年前から生命の根幹から癒される真の医療を追い求めるために鍼灸治療を選択しました。野口晴哉師より整体や気を学び、鍼灸においては澤田流や長野式なども学ばれていたようです。鍼灸治療を勉強してわかったことは、鍼灸治療は名人芸を必要とすること、名人芸は治療としては成り立つが医学としての学問の対象にはならないという厳しい現実でした。そんな時に思いついたのは「乳牛にモーツアルトなどのクラッシック音楽を聞かせると乳の出がよくなる」という話から「耳で聞かせてこのような生理作用があるのなら、音楽をツボに聴かせたらもっと効果があるに違いない」という発想だったようです。

 このように考えた三角氏は、ツボに音楽を聴かせるために電気信号に変換した微弱電流をツボに通電する方法を選択しました。そこで当時、師事していた高名な発明家であり物理学者宮沢秀明先生にその旨を伝え治療装置を作って頂いたそうです。

それがSET療法とかNAM治療と言われるツボに音を聴かせる治療の始まりで、置鍼している針に電極を繋いで微弱電流で音を聴かせるというものが完成したようです。ツボと音の関係を探っていくと腎臓のツボには海の波の音、肝臓のツボには雷や放電音、脾臓にはオカリナの音、肺には太鼓の音、心臓には民謡…というようにそのツボや臓腑経絡に特異的に働く音の波形があることが分かったようです。

一般的な鍼灸治療においては、ツボにステンレスなどの金属を刺したり当てたりするわけですが、その金属の波動を生かして電気抵抗を下げたり、エネルギーを伝えているものだとしたら、音による波動をツボに聴かせるという発想も頷けるような気がします。ツボに色を張るレインボー療法なども色という波長を利用している点では同じことなのかもしれません。

当初は大人の治療に用いられておりましたが、ツボと音との関係が次第にわかっていくうちに、子供にはどのような音よりも母親の心音が効くに違いないと考えたようです。そこで、医療機器の「ミニドップラー」で母親の心音を録音し子供のツボに通電してみたところ結果は素晴らしいものだったようです。夜泣きなどは数回の治療で消失し、喘息や風邪なども改善されました。そして、2007 年に独自に心音装置「mama heartone 932」を開発されたようです。

 現在は「心音バンク」といって妊娠中の母親の心音を録音しておいて出産後赤ちゃんにそれを聴かせるという事もされているようです。実際は妊娠中の月齢によっても効果が違うそうですが当院ではまだ行っておりませんのでその辺は違いはわかりません。

| | コメント (0)

心音治療とは

P1030867a

 心音治良は、小児(生まれてすぐから10歳以下)の為の治療で、母親の心音を子供のツボに直接聴かせて成長する力を育てるというものです。特に効果があるのは3歳くらいまででその後は徐々に効果出にくくなってくるようです。

みかどクリニック(福岡市)院長の三角大慈先生が考案された独自の治療です。具体的には、心音をミニドップラーで録音し微弱電流に変換した電流を腰にある命門と背中の身柱、もしくは臍と後頭部の二ヶ所のツボに通電します。個人的にはその症状によって多少ツボを変えております。微弱電流なので子供はまったく何も感じません。

病気そのものに対する治療というよりは、心音を利用することで母と子の絆を深め、母子ともに安心した状態を作り、その子の本来持っている成長する力(治癒力)を高めるという狙いがあります。

実際には230秒録音して5分聴かせます。

| | コメント (0)

『女性と子供の笑顔は世の中を変える!』

P1050092a先日、長野県鍼灸学会が伊那市で行われ参加してきました。今回はスタッフの孔明先生と共に発表をする機会を与えて頂き皆さんの前で発表してきました(^_^)v

私は『心音治療』について紹介してほしいということで30分ほどお話しさせて頂きました。
心音治療に関しては、全国でも数件の医療機関でしか行われてないのでご存じない方の方が多いと思いますが、福岡のみかどクリニックの三角大慈先生が考案された、子供とお母さんのたまの画期的な治療です。簡単な説明はこちらをご覧くださいhttp://homepage3.nifty.com/kumashinq/

妊娠中に胎児が絶え間なく聞いていたお母さんの心臓の音を子供のツボに聴かせて、母子の絆を深め、子供の成長する力を促すというものです。この治療により子供の夜泣き、疳の虫、アレルギー疾患、虚弱体質、便秘、発育障害など様々な症状に効果を発揮します。
また心音治療によりお母さんにも変化がみられ、親子関係が大変良くなります。
子供はお母さんに甘えれるようになり、笑顔も増え、親子のコミュニケーションが大変良くなります。
当院では5年ほど前より治療に取り入れており、我が子に対しても使わせて頂いているのでその効果に関しては大変素晴らしいものだと実感しております。

また心音治療に関して詳しいことはおってご紹介させて頂きます。

私が今回心音治療を通してお伝えしたかったことは、妊娠、出産、子育てを皆さんにとってより幸せなものにして頂きたいということです。もちろん幸せな時間を感じている方の方が多いとは思いますが、いろんな心配や、不安を抱えることでそんな余裕のない方もいるのではないかと思っております。そんな方にとって私たちは心音治療や小児針、鍼灸治療によって応援したいと思っております。

ある先生の言葉で『女性と子供の笑顔は世の中を変える!』という言葉をお聞きしたことがあります。まさに私たちが次の世代に残さなければいけないことはこういう事ではないかと思っております。

今後も皆さんのお役にたてるように頑張っていきたいと思います。


P1050082aそれから当院のスタッフ、孔明先生も一般講演として『急性頸部痛に対しての一症例』というテーマで発表させて頂きました。
急性の激しい首の痛みを訴え、医療機関において投薬などの治療を行ったものの全く効果がなく痛みによって夜も眠れなかった患者さんが鍼灸治療により数回の治療で改善した症例を報告させて頂きました。
痛みのため横にもなれず治療肢位が限定されている状況で東洋医学的な所見のもと末梢のツボに鍼をして可動域の改善、痛みの軽減を検討しました。

今回このような発表させて頂く機会を与えて頂き、より理解を深めることが出来いい経験をさせて頂きました(^_-)-☆

さらに精進して参りたいと思います!


| | コメント (0)

赤ちゃんの力

P1030867a


娘が生まれもうすぐ2週間になります。当初は一過性多呼吸、皮膚のトラブルでNICUに入り心配されましたが順調に成長しております。呼吸の状態も産後SpO2が90%くらいだったのが2日程で99%と正常に回復しました。

皮膚の硬いところもまだ残っておりますが徐々にきれいになり、角質がはがれ新しい皮膚が再生されているようです。皮膚の関係か、若干体温調整が悪い感じがありますが今のところは大きな問題はないようです。母乳はよく飲めるし、お通じはいいし、夜も比較的寝てくれています。

私達も少しでも良くなるようにいろんな応援をさせて頂いております。
その一つが心音治療 !母親の心臓の音を録音し、電極を通してツボに聞かせるといったものです。5年くらい使ってますが赤ちゃんには大変効果的です!!赤ちゃんが安心し、成長する力が高まります。生まれてすぐの赤ちゃんから使えるところがいいですね!

あと皮膚には『イリス・エスリーク』を塗り、保湿剤を塗っております。これも肌には良いようです。

あと岩本和久先生から教えて頂いた『武水』を超音波加湿器を使い部屋を潤わせております。臨界水にはいろんな効果があるようです。

赤ちゃんに一番必要なのは『愛』と『安心』のように思います。それだけでも成長する力が高まります。そのためのいろんな応援は必要かもしれません。

小児針やベビーマッサージ、スキンタッチなども、もう少ししたら威力を発揮してきます。

「赤ちゃんの力」を信じ、できる応援をしてあげましょう!!

| | コメント (0)

心音の威力

母親とはすごいと思うup

娘を授かって改めて思うlovely

誰しも例外なく母親から産まれ、育てていただいたはずである。

しかし産まれてから3歳くらいまでの記憶は、ほとんどの人は忘れているであろう。

記憶がないということは潜在意識の中に植えつけられているのである。

しかしこの時期がいかに大切な時期なのかsign01考えている方がどのくらいいるだろうかsign02

心音治療に出会って数ヶ月、小児針と共に子供の治療がいかに大切か我が子を見ながら切実に思う。

特に母親の心音は、不思議な力を持っている。

赤ちゃんが元気になり、よく笑い、子育てが楽しくなるのである。

このような治療は今までなかったのではないだろうか?

先日も4ヶ月の赤ちゃんが便秘で、ミルクもあまり飲まなく、よく泣き、寝付くのに1時間くらいかかるということで心音治療をためしてみた。

効果は赤ちゃんの表情を見れば明らかでしたhappy01 お母さんの顔もhappy01

心音治療は施術者の力ではなく、母親自身が治療するところが面白い。

心音治療を考案された三角先生のブログをみるとなかなか面白いことが書いてあります。

是非覗いてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)