天使の子供

こんにちは(*^_^*)世間はクリスマスシーズンて感じですね(^_-)-☆

今年もあと少しとなりました。体調を崩さず新しい年を迎えたいですね!

今日はダウン症についてのお話。

当院にもダウン症のお子さんが患者さんで来てくれております。扁桃腺機能の低下から風邪をひきやすく、睡眠時のSpO2が低下するためその予防で通われております。今年の冬は大変調子がいいですね。もちろんダウン症が治るわけではないですが、関連する症状の軽減は期待できます(*^^)v

しかしダウン症児はほんと天才じゃないかって思います!とても面白く、癒されます。私はその子の大ファンになってしまいました(^_-)-☆

そのダウン症児のことをよく知らない方もいるかもしれませんが、ネット上でわかりやすい説明があったので添付いたします。

障害を持って生まれてくる子が世の中に必要な意味を考える必要があるかもしれませんね・・・。

 

ダウン症の赤ちゃんを迎えられたお父さん、お母さんへ。


ダウン症とは

 私たちは、最初は、お父さんの精子とお母さんの卵子の受精によってできるたった一個の受精卵でした。その受精卵が二つに分裂し、 それがさらに分裂を繰りかえして私たちの体を作る細胞になります。
 細胞には、核があり、そこには染色体があり、私たちの体の設計図が記されています。 髪の色や目の色、顔や体の特徴だけでなく、私たちを形作るいろいろな情報が その設計図には書かれてあります。
 受精卵に書かれた設計図の情報は、分裂した体全体の細胞にも同じように書かれてあって、 すべての特徴を形作っていくのです。染色体のうち常染色体と呼ばれるものが22対、性染色体と呼ばれるものが1対あり、全体で46本の染色体があります。
 ところが、ダウン症候群は、22対のうち21番目の染色体が三本組になっているため、 全体としては47本の染色体を持ちます。そこで、「21トリソミー」とも呼ばれます。
 そのため、お父さんにもお母さんにも似ているけれど、ダウン症候群のお子さん同士には、同じような特徴が表れます。ダウン症のうち、多くがこの21トリソミーですが、そのほかに、21番目の染色体が他の染色体に付着した転座型と二回目以降の細胞分裂の過程で、 21トリソミーの細胞が出て、細胞の一部が21トリソミーとなるモザイク型があります。 染色体の突然変異は、誰にでも起こりえます。どの国でも、800人から1000人に一人の割合で生まれます。

 自然界を広く見てみると、動植物だけでなく、すべてが必要で、お互いに関わり合いながら、存在することに気づかされます。病気や障がいもまた、必要で存在するということについての科学的な研究もすすんできています。
そういったことを考えると、生まれてきたお子さんは、とても大切な存在と言えるでしょう。
 ダウン症候群のお子さんを育てられた先輩のご家族は、 よく「我が家の幸せのシンボル」という言い方をされますが、 昔から、ダウン症のお子さんが、世界のいろいろなところで、「天使の子ども」「幸せを配る人」という言い方をされるのも、 その特徴に由来するものだと考えられます。

ダウン症の特徴と特性

・他の赤ちゃんと同じような発達段階をたどりますが、 その発達の速度は個人差がありますが、比較的ゆっくりです。
・多くの場合、筋肉の緊張度が低く、体がとても柔らかです。
・個人差がありますが、抽象的な事柄や漠然とした事柄が理解しづらかったり、学習を習得するのに、時間がかかる場合があります。しかし、 一方、空間認知や模倣の力に優れていたり、また、想像力にも富んでいる場合が多いです。
・とても元気で病気に縁のないようなお子さんもおられますが、 心臓や、消化器系、眼科系や、耳鼻科系、皮膚科系、整形外科系などに、疾患がみられる場合もあり、中には出産後すぐに手術が必要なお子さんもおられます。
また、感染症にも罹りやすい場合があります。しかし、合併症は、ひとつひとつ治療をして 根治できることが多く、また、多くのお子さんは、大きくなるにつれて、丈夫になり、他のお子さんと同じように、元気にすごしています。家の近くの、 ご家族が何でも相談できる小児科医に、主治医をお願いするとよいと思います。
・口の筋肉が弱いなどのために、言葉が聞き取りづらい場合もありますが、心の中には、深い豊かな思いを持っています。周りが、根気よく聞き続けることで、 思いを伝えられるようになる場合が多く、また、お子さん自身も、手話や行動などで、 その豊かな思いを表現することが得意な場合が多いです。
・音楽やダンス、また、絵や習字などに、 素晴らしい才能を発揮するお子さんがたくさんいます。
・人の思いをよく汲み取り、優しく、明るく、人なつこく、 またユーモアのセンスのあるお子さんが多く、周りの人に、愛され、かわいがられているということをよく聞きます。
・上のように、ダウン症特有と言われるような特徴もありますが 、お父さんお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんたちの特徴も受け継いで成長をしていき、 それぞれの個性を持った子供さんだと言えるでしょう。

学校、仕事など

・学校は、一人一人の状況や希望に応じて、 地域の小中学校(特別支援学級か普通学級)、または、特別支援学校を選びます。
・仕事は、様々です。施設や作業所での作業をしている人もいますし、一般企業で就職している人もいます。また、ダンサーや俳優や、画家、 書道家などで、活躍しておられる方もいます。
本人や周りが、「ダウン症」という可能性のラインを引かず、 可能性と潜在力を信じて、興味のあることには何にでもトライしていくことで、 お子さんの未来の可能性は無限大に広がっていくと思います。
世界中にこれまでの「ダウン症」という既存の概念を塗り替えるような 活躍されている方がたくさんおられます。これから時代はきっと、ますますたくさんのお子さんが、活躍されてゆくことでしょう。
*ダウン症のお子さんが生まれたら、ぜひ、多くの人とつながりながら、子育てを楽しんでください。ダウン症のお子さんは、外が大好きです。
自然の中で、街の中で、多くの刺激を受けて、模倣をしながら、育っていきます。
また市役所などで相談し、ぜひ先輩のご家族と仲良くなって、いろいろなことを教わることで、きっと安心して子育てができると思います。

■監修
産婦人科医 池川明 (池川クリニック院長)   
産婦人科医 昇幹夫 (日本笑い学会副会長)
小児科医 上田美子 (清音クリニック)
小児科医 永尾尚子 (ながお医院院長)
21+Happyの天使たち
特別支援学校教諭 山元加津子

先日、長年の不妊治療の末、妊娠し出産した子が染色体異常のお子さんでした。お母さんはなかなか現実を受け入れれない状態だそうです。そりゃそうですよね。あんなに苦労した結果が望んでいた状況でなかったんですから…。
しかし時間がかかってもその子がこの両親を選んで生まれてきた意味を分かってあげてほしい・・・。そう願っております…。
例外なく誰もが幸せになるために生まれてきているのだから…。

 

 

 

| | コメント (0)

健やかな笑顔のために!

P1050766a_2先日、地元鍼灸師会主催で『親子スキンタッチ教室』を開催いたしました。スキンタッチとは小児針をアレンジした家庭でもできる簡単なツボ療法のことです。
当地域で行うのは初めてでしたが22組の親子に参加して頂き賑やかな中、和気あいあいと行うことが出来ました。

『ベビーマッサージと何が違うの?』という声が聞こえそうですが、正直似たところもありますが大きく違う点としては、スプーンなどの金属を使うことにより、(電位差を利用し)気の巡りをよくする、どこの家にでもあるスプーン、歯ブラシ、ドライヤーで出来る点、また東洋医学的な理論がベースにあるといったところでしょうか。もちろんベビーマッサージやベビーあんまも大変いいと思います。

私達がスキンタッチを通して伝えたかったことは、こんな簡単なことで親子のスキンシップが図れ、子供が元気になるということです。もちろんスキンタッチをすれば病気にならないとか、なんでも治るとかいうものではありません。あくまでも調子を崩しにくい、調子を崩しても早く回復しやすいといった健康管理的なものになります。親もお子さんの変化に早く気が付くようになります。

私の考えは、子供というのは病気になりながら成長していくものだということが前提にあります。もちろん病気にならないことが一番ですが、生まれ持った体質もありますのでどんなに気を付けていても、調子を崩すときは崩します。それはスキンタッチをしていても、小児針をしていてもそういう時はあります。ただ何もしないより、小児針やスキンタッチなどでケアをすることにより、調子を崩す頻度は減るし、早く回復するようになります。

薬だけに頼ってその場しのぎで症状を押さえていても、かえって長引いたり、よくなってもすぐにまた調子を崩したりするのではないかと思っております。薬が悪いわけではなく、使い方次第だと思います。

家庭内で子供が病気になるということはとても大変なことではありますが、違う角度から見ると、一番元気でエネルギーのある子供が病気になることで何かを浄化してくれているという見方もできるかと思います。子供の病気をきっかけに夫婦の関係がよくなったり、おじいちゃんおばあちゃんの助けを求めることで家庭環境がよくなったり・・・。そう考えると無駄なものって無いように思います。

今回初めてのスキンタッチ教室でしたが、とても楽しく行うことが出来ました。七夕ということもあり、子供たちに願い事を書いてもらったり、ゆるキャラのだんQくんが登場したり、スキンタッチの歌を歌ったり…。

P7073705aちなみにこのだんQくんの中身は、子供には内緒ですが吉澤先生です。子供たちに大人気!暑いなかよく頑張りました。今回のMVPかもしれませんね!

子供たちの笑顔はやっぱり宝ですね!




| | コメント (0)

『親子スキンタッチ教室』のご案内

Img1


こんにちは(^_^)/7月7日(日)のPM1:00~長野県針灸師会主催で『親子スキンタッチ教室』が行われます。
スキンタッチとは小児針をアレンジした家庭で出来るツボ健康法です。
乳幼児から10歳くらいのお子さんが対象で、親子での参加となっております。
夜泣きがひどい、風邪をひきやすい、アレルギーがある、お腹をこわしやすいなど、お子さんの健康が心配な方は是非ご参加ください!
薬に頼らないお子さんの身体創りの手段を知っておくだけでも損はないと思います。
お子さんの健康は、お母さん、お父さんの手に託されているかもしれません。
定員が20組程度ですので是非お早めにお申し込みください。
当院にお申込みいただいても構いません。
是非お待ちしております(^_^)/

| | コメント (0)

『女性と子供の笑顔は世の中を変える!』

P1050092a先日、長野県鍼灸学会が伊那市で行われ参加してきました。今回はスタッフの孔明先生と共に発表をする機会を与えて頂き皆さんの前で発表してきました(^_^)v

私は『心音治療』について紹介してほしいということで30分ほどお話しさせて頂きました。
心音治療に関しては、全国でも数件の医療機関でしか行われてないのでご存じない方の方が多いと思いますが、福岡のみかどクリニックの三角大慈先生が考案された、子供とお母さんのたまの画期的な治療です。簡単な説明はこちらをご覧くださいhttp://homepage3.nifty.com/kumashinq/

妊娠中に胎児が絶え間なく聞いていたお母さんの心臓の音を子供のツボに聴かせて、母子の絆を深め、子供の成長する力を促すというものです。この治療により子供の夜泣き、疳の虫、アレルギー疾患、虚弱体質、便秘、発育障害など様々な症状に効果を発揮します。
また心音治療によりお母さんにも変化がみられ、親子関係が大変良くなります。
子供はお母さんに甘えれるようになり、笑顔も増え、親子のコミュニケーションが大変良くなります。
当院では5年ほど前より治療に取り入れており、我が子に対しても使わせて頂いているのでその効果に関しては大変素晴らしいものだと実感しております。

また心音治療に関して詳しいことはおってご紹介させて頂きます。

私が今回心音治療を通してお伝えしたかったことは、妊娠、出産、子育てを皆さんにとってより幸せなものにして頂きたいということです。もちろん幸せな時間を感じている方の方が多いとは思いますが、いろんな心配や、不安を抱えることでそんな余裕のない方もいるのではないかと思っております。そんな方にとって私たちは心音治療や小児針、鍼灸治療によって応援したいと思っております。

ある先生の言葉で『女性と子供の笑顔は世の中を変える!』という言葉をお聞きしたことがあります。まさに私たちが次の世代に残さなければいけないことはこういう事ではないかと思っております。

今後も皆さんのお役にたてるように頑張っていきたいと思います。


P1050082aそれから当院のスタッフ、孔明先生も一般講演として『急性頸部痛に対しての一症例』というテーマで発表させて頂きました。
急性の激しい首の痛みを訴え、医療機関において投薬などの治療を行ったものの全く効果がなく痛みによって夜も眠れなかった患者さんが鍼灸治療により数回の治療で改善した症例を報告させて頂きました。
痛みのため横にもなれず治療肢位が限定されている状況で東洋医学的な所見のもと末梢のツボに鍼をして可動域の改善、痛みの軽減を検討しました。

今回このような発表させて頂く機会を与えて頂き、より理解を深めることが出来いい経験をさせて頂きました(^_-)-☆

さらに精進して参りたいと思います!


| | コメント (0)

赤ちゃんの力

P1030867a


娘が生まれもうすぐ2週間になります。当初は一過性多呼吸、皮膚のトラブルでNICUに入り心配されましたが順調に成長しております。呼吸の状態も産後SpO2が90%くらいだったのが2日程で99%と正常に回復しました。

皮膚の硬いところもまだ残っておりますが徐々にきれいになり、角質がはがれ新しい皮膚が再生されているようです。皮膚の関係か、若干体温調整が悪い感じがありますが今のところは大きな問題はないようです。母乳はよく飲めるし、お通じはいいし、夜も比較的寝てくれています。

私達も少しでも良くなるようにいろんな応援をさせて頂いております。
その一つが心音治療 !母親の心臓の音を録音し、電極を通してツボに聞かせるといったものです。5年くらい使ってますが赤ちゃんには大変効果的です!!赤ちゃんが安心し、成長する力が高まります。生まれてすぐの赤ちゃんから使えるところがいいですね!

あと皮膚には『イリス・エスリーク』を塗り、保湿剤を塗っております。これも肌には良いようです。

あと岩本和久先生から教えて頂いた『武水』を超音波加湿器を使い部屋を潤わせております。臨界水にはいろんな効果があるようです。

赤ちゃんに一番必要なのは『愛』と『安心』のように思います。それだけでも成長する力が高まります。そのためのいろんな応援は必要かもしれません。

小児針やベビーマッサージ、スキンタッチなども、もう少ししたら威力を発揮してきます。

「赤ちゃんの力」を信じ、できる応援をしてあげましょう!!

| | コメント (0)

保育園?

こんにちはhappy01今年ももう20日も過ぎてしまいましたね。
今年もマーペースで頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願いします。
昨年は皆さんのお陰で新しいスタートを切ることができましたので、今年はもっと人を応援できるような年にしたいですね。

Dscf5209b 最近は、娘の奈々の働きもあってかsign02お子様たちがいらっしゃることが多くなりましたlovely
1日おきにかみさんと奈々が手伝ってくれているのですが、奈々にとっては半分遊びの時間になっているようですcoldsweats01「今日はお仕事だから頼むねpaper」っていうと「今日誰来るsign02」って、治療に来るお子様たちは、遊びに来てくれていると思っているようです。それでも2歳児にしてはしっかり働いてくれておりますよ。
かみさんも時には保育士さん状態に・・・coldsweats01お母さんが治療している間に託児もこなしてくれます。小児針になれない子供もかみさんや奈々のお陰ですんなりやらせてくれます。子供が退屈しないようにいろんなアイテムをそろえております。友人のくれた「カプラ」も大人気ですup

昨年2歳になる夜泣きとアトピーの患者さんがみえましたが、以前通っていた治療院で、はがい締めにされて大泣きしながら治療されていたようで、なかなか簡単にやらせてくれませんでしたweep最初は30分くらいかかったでしょうか?おもちゃでつったり、終いにはえさをぶら下げたり・・・遊びながら慣れて頂きました。すぐにすんなりsign02やらせてくれるようになりました。ときどきいやいや状態で時間がかかることもありますが、このイヤイヤは恐怖のイヤイヤではなく、「もっとかまってほしい」という彼女の焦らし作戦なのです。今では多少湿疹は残っているものの順調な経過を辿っております。薬を使わずにこの状態ならまずまずかと・・・。
最初、はがい締めにされ、泣きながら小児針や棒灸をされていたと聞いた時、「それって意味があるのかな?」と正直びっくりしました。子供は本来とても正直です。怖いと思えば身体も自然と反応してしまいます。小児針の刺激以上に恐怖感が強ければ治療の効果がないどころか、悪影響を及ぼすことだってあるのではないかと思います。子供にとって心地よい刺激であれば、慣れてくると子供の方から求めてきます。「ちょんちょんして」「ぺったんして」(心音治療の事)と・・・。
先日、しもやけの治療でお灸に来ている小学生が「お母さん、またできてきたから予約しといてpaper」って言ったことにはちょっとびっくりしました。最初はあんなに怖がっていたのに…smile

鍼灸院ってただでさえ「痛そう」「熱そう」って思われることが多いので、少しでも安心した雰囲気を作りたいものですhappy01
子供のいる空間って大変だけどやっぱりいいですよね。子供の笑顔ってホントに癒されますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (2)

母親の力

Dscf2451  以前に紹介した心音治療を当院でも取り入れることにしました。おそらくほとんどの方が聞いた事の無い治療かと思いますが、大変画期的な治療です。どのような治療かというと詳しくは三角クリニックのホームページをご覧頂ければよくわかるかと思います。症例の紹介もありますので参考になりますよ。

 要するに子供や赤ちゃんの治療です。産まれてすぐから3歳くらいまでが効果的であるといわれています。特に13ヶ月までの間は効果てきめんです。10月にモニターとしてお借りしていた時に産まれたばかりの我が子に試してみました。入院中に夜泣きがひどい日があり、便のでも悪かったため試してみました。それからというSinonものほとんど夜泣きをしなくなりました。もうすぐ2ヶ月になりますが夜は1,2回お乳をあげるだけで夜泣きは今まで2日ほど愚図る日があっただけでほとんどありません。最近では5,6時間寝ることもあり、母乳もよく飲み、いたって順調に育ってくれているようです。当然赤ちゃんですので不快なことがあったり、ウンチが出る時、おしっこが出る時、げっぷが出る時、お腹がすいた時など愚図ることはあります。これは正常な証拠でしょう。最近は週に1回くらい心音を聞かせております。

使い方はいたって簡単です。付属のドップラーで心音を2分30秒録音し、2つの電極を首(あ門)と腰(命門)のツボに貼り付け、5分間微弱電流を介して心音を聴かせるというものです。痛みや感覚は全くありません。

モニターで体験していただいた方には大変好評でした。「もっと早くにこの治療があれば楽しく子育てが出来たのに・・・」というお母さんもいらっしゃいました。「小児針と併用するとより効果が感じられた」というお母さんもいらっしゃいました。4歳のADHDの子供は「治療した帰りに初めて車の中で寝たのでちょっとびっくりした」とおっしゃっておりました。続けてみるともしかしたら明らかな効果が期待できるのではないかとも思いましたがその後の状況はわかりません。

この治療の何がすごいかって母親の心音で治すということです。機械もすごいのかもしれませんが、何より母親の力で子供を治療するところに意味があるのだと思います。この治療により母親は子育てにより自信が持てます。子供も母親とのコミュニケーションを楽しみ表情も次第に変わってきます。

泣き続ける子供に手を挙げそうになったり、虐待寸前まで体験する母親はけして少なくないと聞いております。そんな子育ての悩みを持っているお母さんのお力に少しでもなれたらと思っております。

『3つ子の魂百まで』といいます。その子の人生においてこの時期がいかに重要なのかはいろんな方が語っております。いつも愛情を持って我が子に接しれるようにこの心音治療が考案されたのだと思います。興味のある方は是非お試しください。

治療代は以下のように設定させていただきました。もっと安くと思いましたが何せ機械が高いものですから・・・。皆さんのご意見を聞きまた検討していきたいと思います。ちなみに12月までは1回500円で治療させていただきます。是非ご体験ください。

心音治療 初診 1,500円 再診 1,000円 1ヶ月 6,000円(何回でも)

小児針  初診 1,800円 再診 1,200円 1ヶ月 7,000円(何回でも)

心音治療・小児針併用 初診 2,500円 再診 1,800円 1ヶ月9,000円(何回でも)    兄弟2人目は一人につき200円引き

| | コメント (1) | トラックバック (1)

小児針講習会に行ってきました

P1000003  昨日、長野市にて長野県鍼灸師会主催の小児針実技講習会があり、参加させていただきました。

飯田に帰ってきて開業してから小児の患者さんが意外と少なく何か今後のヒントにならないかと思い興味深く聴講させていただきました。

講師は大師流はりの谷岡賢徳先生と宮本保先生で実技まで分かりやすく教えていただきました。

P1000001

以前に学会で谷岡先生の実技を拝見させていただいたことがありましたが実際に話を聞き実技指導をしていただくとなるほどと言う点がいくつもありました。

特に実際の刺激の仕方と、刺激量の使い分けを明確に使い分けているところは勉強になりました。実際に受講者の先生と谷岡先生の刺激は明確にその違いがわかりました。簡単にいうと気持ちのよさが違います。子供も敏感にその刺激を感じているんだとあらためて思いました。

再度鍛錬し剛鍼灸院で教わった小児針にアレンジを加え今日からの臨床に生かして行きたいと思います。

谷岡先生、宮本先生、鍼灸師会の先生方ありがとうございました。

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援クリック宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの子って虚弱体質・・・?

 元気がない、疲れやすい、すぐに熱を出す、食が細い、すぐお腹をこわす・・・など、虚弱体質のお子さんに、親は当然心配します。
しかしあまり心配しすぎるのもよくないようです。

親の過剰な心配はかえって子供を神経質にしてしまいます。

『うちの子はすぐ風邪ひくのよ』『うちの子はお腹が弱くて・・・』『あんたは身体が弱くてダメね』などあまり頻繁に口にすると子供は暗示にかけられたように潜在意識の中に植えつけられます。
体質的な問題は『そのこの個性だ!』くらいに考えた方がいいという意見もあります。

でも活発に、しっかり食べれて、風邪もひかず、丈夫になってほしいと望むのは親の気持ちとしては当然のことです。

きちんとした治療で改善できるところは改善し、あとは神経質にならずに成長と共に見守るという、繊細さとおおらかさの二つの顔を上手に使い分けて、子育てを楽しみたいものです。

虚弱体質にみられる症状は、顔色が悪い、動作が緩慢、疲れやすい、暑さ寒さに弱い、風邪などひきやすく治りにくい、といった特徴が見られます。
また次のようなタイプに分けられます。

おなかが弱いタイプ
おなかがすぐ痛くなる、食が細い、嘔吐や下痢をしやすい、体重が増えないなど。

発熱・風邪をひきやすいタイプ
熱がすぐ出る、扁桃腺が腫れやすい、すぐぐったりするなど。

神経過敏なタイプ
感情の起伏が激しい、夜泣きをする、眠りが浅いなど。

こうした体質的な弱さの改善は東洋医学が得意とするところです。

小児針漢方薬が主な治療になるかと思います。

定期的な治療により、かなり変化が現れてきます。

ただ急性的な症状に対してはしっかり小児科で診ていただき、西洋薬で症状を抑えたほうがいい場合もありますのでうまく使い分けましょう。

あまり小さいうちから薬漬けにはしたくないですよね!
一度小児針などためしてみるのもいいかと思います。

人気blog ←どんなブログがあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うれしいお言葉。

Dscf1004  今日、夜泣きで通われている「まっひぃ君」がお母さんとみえた。
最初はちょっと気難しそうな顔をしていた「まっひぃ君」、最近では笑顔をふりまき、顔つきも穏やかになり、いろんなものに興味津々である。
普通、夜泣きが生まれてすぐから1年も続いているお母さんというのは神経が過敏になり子供以上に険しい顔をして、疲れ果ててみえる方が多いがまっぴぃ君のお母さんは最初から穏やかであった。
夜泣きの原因がお母さんや家庭にある場合もあるが、お母さんと話をしていてもまっぴぃ君の場合はそのような問題を感じなかったので、小児針だけでも十分よくなるだろうと感じていた。
案の定、今は調子よく風邪もひかなくなったので2週間に1回みえている。

本日お母さんが『小児針のことブログに書いてるんですよ。よかったら写真を撮らせてもらってもいい?』というので、ちょっと照れながら撮ってもらった。
治療のことをブログに書いてくれている方がいるんだと思ってちょっとびっくりした。
でも何を書かれているのかと内心ドキドキでした。
帰宅後早速私のブログにコメントしてくださった。
恥ずかしながらもブログのアドレスを教えてくださったので早速のぞいて見た。
『ぶっひぃの進化』にそのことが書かれていた。
身に余るほどのお言葉に大変恐縮してしまいました。
しかし患者さんが感じていることをダイレクトに聞けるということは大変ありがたく思います。
今日はしっかりエネルギーが充電できたような気がします。
明日からももっとガンバロー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧