女性の体は本来温まるようにできている

1月もあと少しで終わりですねcoldsweats02

今年もよろしくお願いします。昨年以上に頑張っていきますのでよろしくお願いしますhappy01

寒い日が続きますが、冷え対策はできていますか?

女性にとってはつらい時期ですよね。今年は生姜など温まるものをとり中から温めようとする方が多いようですねshine

非常にいいことだと思います。漢方や鍼灸というのは自律神経を調節したり、元々の機能を高めることにより冷えを改善していきますscissors

いろいろ試してみて自分に合った冷え対策、身体創りに取り組んでいきましょうup

おもしろい記事があったのでシェアします。是非ご覧ください。

「女性の体は本来温まるようにできている」

『女性の体には、男性より厳重な「温めシステム」が備わっています。

それは女性の方が、体を温めておく必要性が高いから。

なのにどうして冷えてしまうのでしょう? そんな疑問に答えます。

 「冷えは万病のもと」といわれる。東洋医学の言葉で、体の冷えが様々な病のベースになっているという考え方だ。もっとも、冷え症状と病気の間で厳密な因果関係が証明されているわけではないようだけれど。

【詳細画像または表】

 ただ、「それほどに体がきちんと温まっていることは大切なんだよ」という昔の人からのメッセージだとするなら、理解しやすい。冷えた体では元気が出ないし、気分も滅入る。体の中の働きにとっても、いいことではないだろう。

 考えてみれば人間は変温動物ではなく、体温を一定に保つ恒温動物なのだから、本来、必要な熱を自力で作り出す能力を持っている。だから、変温動物のカエルやカメでは冷えきってしまうような寒さの中でも活動できるのだ。そう考えると、やはり人間にとって、体が温かいという状態が普通のはず。

 なのに冷えに悩む現代女性が多いのは、どういうわけ? いったい私たちの体の中で、何が起きているの? ここでは、そんな疑問の答えを探していこう。

女性の体が温まるワケ月経前に増える黄体ホルモンは体温上昇ホルモンでした

体温めの基本システムはこれ!
step1「筋肉や内臓で熱を発生させる」

step2「熱を血流に乗せて巡らせる」

 「人間は恒温動物ですからね。温かい血液が巡って体を温めているのですよ」

 取材の冒頭、こんなふうに話し始めたのは、東峯婦人クリニック院長の松峯寿美さん。お産や不妊治療、月経不順、冷え、更年期障害まで対応してくれる、頼もしいドクターだ。

 そう、まず聞きたかったのはその話。人間の体はどうやって温まっているのですか?

 「女性の場合、温める仕組みは2種類あります。自律神経と女性ホルモンです」と松峯さん。

 自律神経は、内臓や血管の働きを調節する神経。私たちの意識が届かないところで、体の状態を自動的に調節する。体の緊張を高める「交感神経」と、リラックスさせる「副交感神経」の2系統があり、互いにバランスをとりながら、体の状態をコントロールしているという。

 「手足がポカポカ温まるのは、副交感神経の働き。緊張が緩んで血流が良くなると、温かい血液が流れてくるのです」

 ということは、体を温めるうえで重要なのは副交感神経?

 「でも、寒いときに熱を作るのは交感神経による作用です」と松峯さん。

 なるほど。熱を作るのは交感神経、熱を巡らせるのは副交感神経。どちらも大切で、要はバランスということか。

 「一日のサイクルの中でも、自律神経のバランスは変化します。日中は交感神経が、夜は副交感神経が強くなります」

 こう話を続けてくれたのは、大阪大学大学院准教授で、公衆衛生学が専門の大平哲也さん。「この一日の変化に合わせて体温も変動するのです。日中は少し高めで、夜になると下がります」(大平さん)。

 でも、子供の体は夜に眠くなると、手足がポカポカ温かくなりますけど。

 「あれは、体内の熱を逃がしている状態。ポカポカしながら体温が下がっていくのです。大人でも自律神経が正常なら、寝る前はポカポカしますよ」と大平さん。そうか、寝る前にポカポカすれば自律神経がバランス良く働いているということか。

妊娠を維持するためにホルモンがお腹を温める

 では、女性ホルモンは何をしているの?

 「妊娠を維持しやすい状態をつくっているのです」と松峯さん。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があるが、温め作用を持つのは黄体ホルモンの方だという。

 「黄体ホルモンは、排卵から2週間にわたって量が増えます。これが基礎体温の高温期。受精した卵子が育ちやすいように、子宮の周りを温めているんですよ」(松峯さん)。

 ほぉー、子宮を温めるためですか。それは女性だけに備わった仕組みですね。

 「排卵が始まる18歳ごろから更年期までの間、女性の体を温めてくれます。特に妊娠中は黄体ホルモンが出っぱなしなので、ずっとポカポカです」(松峯さん)

 なるほど、女性には妊娠機能がある分、男性にはない温めシステムも備わっているんですね! でも、冷えに悩む人は女性の方が多いようですが?

 「一つの理由は、女性の方が一般に筋肉量が少ないこと。筋肉は大きな発熱体ですから」と大平さんは話す。でも、ほかにもまだ理由がありそうだ。

基本システムをコントロールしているのが女性ホルモンと自律神経でした

温熱中枢を刺激し主にお腹を温める
女性ホルモンの一種「黄体ホルモン」は、脳の視床下部(ししょうかぶ)にある温熱中枢を刺激して、全身、特にお腹まわりを温める。排卵とともに増えるのは、お腹を温め、良好な妊娠環境をつくりだすため。女性の体だけが備える“温めシステム”だ。(2)副交感神経の役割末梢の血行を良くして手足を温める
副交感神経が働くと、体はリラックスする。筋肉の緊張が緩んで手足など末梢(まっしょう)の血流が良くなり、指先や足先が温まる。眠くなると指先がポカポカしてくるのは、この神経がうまく働いている証拠。(3)交感神経の役割体を興奮させて全身を温める
交感神経が強く働くと、体は興奮し、緊張感が高くなる。すると筋肉や脂肪組織などに備わった発熱装置(UCP)が働いて、熱を作り始める。寒くなったときに発熱量を高めて体温を維持するのは、交感神経の作用だ。この人に聞きました松峯寿美(まつみね・ひさみ)院長
東峯婦人クリニック
(東京都江東区)
日本産婦人科学会専門医。「自律神経やホルモンは本能的なシステムなので、自然に近い暮らしをすれば調子が整う。太陽とともに早寝早起きをするのが理想です」。大平哲也准教授
大阪大学大学院
医学系研究科
社会環境医学講座
専門は公衆衛生学、心身医学。最近は笑いの健康効果に注目。「冷えの人の生活習慣を調べると、目立つのはストレスと運動不足、食生活の乱れ。どれも自律神経の働きを乱す要因です」。

取材・文/北村昌陽 イラスト/もり谷ゆみ 構成/蓬莱明子(編集部)

日経ヘルス 2011年1月号掲載記事を転載』

| | コメント (0)

子宮内膜症に対するセルフケア

月経困難症、不妊症などの原因の一つに子宮内膜症というのがあります。

これは子宮内膜が子宮内膜以外のところにできてしまう病気のことです。

重度のものです根本的な治療が難しかったり、適切な処置が必要になりますが、軽度のものですと予防も含め鍼灸治療などでも症状は軽減します。

今回は子宮内膜症に対するセルフケア紹介しますので参考にしてみてください。

【子宮内膜症に対するセルフケア】

◎月経不順を改善する

子宮内膜症はエストロゲンによってその症状が悪化します。月経周期が短い
場合、月経の期間が長い場合は、子宮内膜症が発症しやすくなります。

そのため、規則正しい生活リズムを心がけることで、正常な月経サイクルを
目指すことが大切です。

◎食生活を改善する

肉や加工肉、乳製品、動物性脂肪をを多く摂る女性ほど子宮内膜症を発症し
やすく、野菜や果物を多く摂る女性ほど発症しにくいとの報告があります。

特に、ブロッコリーなどのアブラカ科の野菜や大豆食品、食物繊維を多く摂
ることで、過剰なエストロゲンの影響を軽減し、反対にカフェインの過剰摂
取や肥満はその影響を増大します。

また、脂肪の摂取について、オメガ3脂肪酸を多く、トランス脂肪酸を少な
くすることで、炎症しにくい体質になり、子宮内膜症の影響を軽減できる可
能性が高くなります。

| | コメント (1)

お灸のお陰・・・!?

しかしよく降りましたねsnow

雪降りの日はお産が多いとかsign02

確かに低気圧になるとお産が多いようです。

これに満月fullmoonや新月newmoonが重なればさぞ忙しいことだろうと想像するがその割ではないようです。

妊婦さんは予定日が近づくと重たいため早く出したい方が多いようです。

『今日は雪だし、満月だから今晩産まれそうな気がする・・・』なんて言ってはみても大抵出てこないものである。

こればかりは赤ちゃんのご機嫌次第のような気がします。

慌てずにゆっくり待ってあげましょう。

先日、逆子、腰痛、肩こり、陣痛促進と妊娠中のお世話をさせていただいた方が無事出産されました。

ご丁寧にメールをくださいましたmailto

『今朝、産まれました。
3070gの女の子です。
新生児とは思えないバカデカイ声を出します。
お灸のお陰か入院して6時間…進みが早すぎで裂けましたがsweat01安産でしたhappy01
とりあえずご報告までsign03
くま先生に、よろしくお伝えください。』

本当におめでとうございます。happy01

妊娠中の鍼灸治療は少なからずお母さんや赤ちゃんに好影響を与えているようである。

ある妊婦さんは

『治療に来るとこの子は良く動くんだけど、病院へ検診に行くと全然動かないんですよsign01

と赤ちゃんにも少しは認めてもらえているのかなcoldsweats01

妊娠、お産、子育ての自己完結システムの確立に少しでも近づけたらと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分娩促進に鍼は有効か?

 陣痛の促進や分娩の促進に鍼灸治療は、効果があるものだと実感している。
今までの経験からもそうだが、妻のお産においても陣痛室で実感できた。
ただ刺激量は慎重に調節しなければいけないように思います。

『医道の日本10月号』に『未経産婦での分娩促進に鍼は有効か?』という論文の報告があった。
アメリカ・ノースカロライナ大学における報告で未経産婦56人に鍼治療(合谷・三陰交・上髎・次髎)を行った群と通常の医療提供を行った群をランダムに分け比較したものである。主な結果は分娩までの平均時間が鍼群のほうが短かった。また鍼群の女性は自然分娩の傾向が高く、帝王切開による出産は少なかった。
結論として『鍼は出産予定日間近の未経産婦において十分に受け入れられ、過期妊娠で起こる医療介入を少なくする見込みがある。』と綴っている。

使ったツボは今まで報告されている一般的なものである。私はこの中でも次髎(じりょう)というツボは陣痛の促進に大変効果があるように思います。このツボは仙骨部にあるのですが、仙骨自体に産む力を強める作用があるのではないかと思います。また副交感神経を活性化させるツボでもあるところが興味深いです。陣痛を起こしているのは副交感神経刺激なのかな?とふっと思いましたが正しくはわかりません。誰か知っていたら教えてください。

いいお産の為の妊娠中の治療においてももっと考察してみたいと思います。妊娠中の三陰交のお灸は何らかの効果があることは確かだが、問題は刺激量の調節のような気がします。
鍼灸治療が妊娠やお産のお手伝いとして認めてもらえるように頑張っていかなければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不妊症治療プロジェクト

春の嵐の後の大地震。能登の方たちはさぞ大変な思いをされていることでしょう。
心からお見舞い申し上げます。

地震がくるたびに、京都にいた頃の阪神淡路大震災のことを思い出します。
いつどこで起きてもおかしくない状況なのだとあらためて感じました。

不妊症治療プロジェクト?って。
プロジェクトなんて大げさかもしれませんが3月より当地域の産婦人科医と鍼灸師会で協力し不妊症の治療を行っていこうというはこびになりました。

大変ご理解ある先生方で、不妊症で困っている方々のために、西洋医学、東洋医学のお互いの良さを生かしていこうということでこのプロジェクトを進めてまいりました。

当地域の産婦人科の先生方の患者さんに対する思いを、強く感じながら治療にあたらせていただいております。

今までは産婦人科医と連携をとれない中で不妊症の治療を行うことが多く、戸惑いを感じたこともありました。これからは患者さんにとってよりよい環境がつくれるのではないかと思い大変嬉しく思っております。

まず鍼灸治療では、妊娠しできる身体つくりを目的に患者さんと共に考えていきたいと思っております。

不妊症の原因は人によって様々です。身体的な問題、環境、心の問題。

患者さんと共に考えながら、先生方とも協力し、こうのとりの望んでいる身体や環境造りができればと思っております。

不妊症でお困りの方ぜひご相談ください。

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援クリック宜しくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

妊娠中も鍼灸を!

昨年不妊症の治療をしていた方で9月に妊娠された方が、昨日、逆子の治療にみえた。

まだ27週。病院では特にどんな状態だか告げられてないようだが、どうも横位のようである。

時期的には動きやすい時期なのですぐに戻ると思います。

治療は定番の「至陰」(しいん)のお灸+αです。

患者さんも「なんだか急に動き出した!!」ってびっくりしてました。

早く治るといいですね。

後、病院で胎児がどのような格好をしているのか聞き、背中が上になるように横向きで寝ましょう。

あと逆子体操(膝胸位)も無理のない範囲でやりましょう。(でも結構辛いんですよね・・・)

そのほか妊娠中のつわり、腰痛、肩こり、花粉症などある程度の症状なら効果が期待できます。

薬が飲めない妊娠中だからこそ鍼灸治療をご利用ください。

不妊症の方にもおすすめです。

鍼灸治療で妊娠しやすい身体造りを!

| | コメント (1) | トラックバック (3)

骨盤内瘀血

血液の滞りや血液循環の悪い状態を東洋医学では瘀血(おけつ)という。

特に骨盤内の血液循環が悪い状態を骨盤内瘀血と言います。

圧倒的に女性の方が多く、骨盤内瘀血がひどいと様々な症状を引き起こします。

西洋医学的には子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、またそれらの手術後の癒着などがある方は非常にその症状が強くなります。

主に生理痛(特に前半)、月経前緊張症、下肢の冷え、肩こり、頭痛、腰痛、坐骨神経痛、膝痛、下肢静脈瘤などの症状が現れます。また不妊症の原因にもなります。

このような症状を改善するには鍼灸治療は非常に有効とされております。
また漢方薬も効果的でしょう。

下腹部に治療するばかりでなく、足や手、腰、背中のツボも使います。

軽いものは比較的すぐに症状の改善が見られますがひどいものですと長期的な治療が必要となります。

徐々に頭痛の頻度が減ったり、特に生理時の症状が軽くなってくることに気付くでしょう。

基礎疾患の状態が悪い場合には当然西洋医学的な治療(手術など)により対処しなければならない場合もあります。
しかしそれで完全に治ってしまうわけではありません。
症状が軽くなっても体質を改善しなければまた症状が強くなってくることが多いようです。

『まさに私にあてはまる・・・』なんて思っている方がいるかもしれません。

このようなことが原因で起きている症状は、肩を揉んだり、腰をマッサージしてもらっているだけではなかなかよくなりません。

一度鍼灸治療を試みてはいかがでしょうか?

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援クリック宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

不妊治療、「針」で効果

先日こんなニュースが掲載されました。

不妊治療、「針」で効果…名古屋の研究グループ報告

 体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に
針治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと、名古屋市
明生鍼灸(しんきゅう)院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市
内で開かれている日本生殖医学会で報告した。

 49人のうち4人は自然妊娠だったほか、30人は治療後1回目の体外受
精で妊娠に成功したという。不妊治療の専門家が集まる学会で、針治療に
よる効果を示すデータが発表されるのは珍しい。

 報告された114人の治療実績は、1998年2月~2006年6月に、同鍼
灸院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった
女性のもので、治療は、週1~2回のペースで行われ、腹部や足などにあ
る婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。

(2006年11月10日13時3分  読売新聞)
    
 このようなデータを取られた明生鍼灸院の鈴木院長、明治鍼灸大学の研
究グループの方たちには大変頭がさがる思いである。と同時に、産婦人科
医や不妊症で悩んでいる方たちに少しでも理解していただければと思います。
当院でも先月3名の方が妊娠されました。
そのうちの一人は15年の不妊暦のある方でした。
その方の努力や心情を思うと大変感慨深いものを感じます。
まだまだ実績は少ないですが一定の効果はあるものだと認識しております。
少しでもお力になれるように日々精進しなければと思います。

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援クリック宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代理出産

 最近代理出産のことが取り上げられることが多い。

先日諏訪マタニティークリニックの根津院長が、子宮を摘出した患者さんの母(50代)が娘の子を代理出産したことを報じた。

とても衝撃的でした。

以前は代理出産に対し強く反対する気持ちが強かった私ですが最近少しづつ考えが変わってきました。

反対する理由としては、子供がいなくてもよい人生、それによる学びがあると思うから。

子供が産めることが善、産めない事が悪といった風潮が強くなることへの懸念。

不妊症で悩み頑張っている方に更なるプレッシャーがかかると思われるから。

また人間は、胎児のうちからいろんな影響を受け、それが潜在意識に刷り込まれると考えているため、代理出産によって生まれた子供がどのように育っていくかわからないため。

そのほか、いろんなトラブルの要素が多いから。現にアメリカなどで起きている事件など・・・。

といったマイナスの要素ばかりを気にしていた。

最近いろんな報道や書籍により少し考え方が変わってきた。

このような代理出産により幸せに暮らしている家族がいるという事実は否定されるものではないと思う。

またこのような行為を行うにあたって、強い情熱と信頼関係、愛情がなければ成り立たないことであるからその気持ちには頭がさがるところがある。

未知の世界に挑戦してきている根津院長にも学ばなければいけないところがあると思う。(すべてとは言わないが・・・)

今のところ私の気持ちとしては、しっかりとした法の整備が必要に思う。

というのも、厳密な条件のもと一部は認められ、またそれを犯したものには厳重な罰則を与えるというものである。

どこで線を引くかは議論されるところであるだろうが、概ね子宮を摘出した方、子供がいない方、ホストマザーのみ、金銭的な問題、考えられるトラブルに対する対処法などしっかりとした条件のもと、みとめてはよいのではないかと思う。

しかし人間とは進化するほど愚かなことを考えたりするものがいる。

純粋に生まれてくる命のことをもっとしっかり考える必要があるのではないでしょうか。

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援クリック宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

月経前緊張症(PMS)

 月経前緊張症とは、文字通り月経が始まる数日前から起こる女性特有の症状です。

症状は多様で、イライラしたり、気分が落ち込んだり、頭痛、腹痛、肩こり、むくみ、乳房の張りや痛みなど、さまざまな身体的、精神的症状により対人関係や日常生活に支障をきたす場合もあります。

ホルモンのバランスが崩れて起きるのではないかと考えられていますが、西洋医学的にはまだ治療法が確立されていないようです。

東洋医学的には、骨盤内の血液の滞り(お血)が一つの原因になっているかと思われます。

しかし症状は多種多様です。しかも精神症状まで引き起こすんです・・・。不思議ですねぇ~

このような不思議な症状にも鍼灸治療は対応できます。

治療は症状によっても変わってきますが、血の滞りをとり、流れをよくし、脾、腎を補い、肝の高ぶりを押さえます。

ようは、気、血、水のバランスをとり、スムーズな流れにしてあげるのです。

あと気をつけることとしては

・疲れをためないように十分な睡眠をとる。

・入浴や軽い運動で血の巡りをよくする。

・食生活にも気をつけましょう。マグネシウム不足にならないように、魚介類、海藻類、大豆製品を摂り、ビタミンB6を多く含むバナナやレバーなどの食品を積極的にとりましょう。逆に脂肪、糖類、動物性たんぱく質は控えめに。また過剰な塩分、カフェイン、アルコールも控えた方がよいでしょう!

しかし女性の身体も心も謎がいっぱいですね。

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援クリック宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (1)