痛みに対する現代医学の現状

最近ブログアップが続いてますね~(^_-)-☆

気まぐれなんでいつまで続くでしょう(^_^;)

さて今日は痛みについての話。

時々不妊症などで通われている患者さんが

「腰が痛いので病院に行ってこようと思います・・・」

なんていう方がいらっしゃいます。

私からするとなんで??という感じがしますが、その方からすると「痛くなったら病院に行く」というその人のルールがあるんでしょうね。

その人からしたら鍼灸院は「不妊の治療」、「痛みの治療」は病院へ・・・と思っているんでしょうね。

「腰痛の治療もしますよ」説明をすると「そうなんですね!」と驚かれますが、それ以上に私のほうが驚きです(笑)

実際に病院でどの程度痛みが解消されているかですが、明治国際医療大学の伊藤准教授によると 医療にかかる70%が痛みの治療で医療にかかり、その中で17%が急性痛であり、残りの83%が慢性痛であるというのが 統計データからわかります。(厚労省2012年データより)

その痛みで医療にかかる患者の75%は現状の治療に満足していないというデー タもあります。

その理由は

1症状が変化しない(変わらない)

2納得がいく説明がない

3理解してもらえない

この3つだそうです。

病院へ行ってちゃんと検査をすることは必要な場合もありますが、現代医学を持っても全てが解決されているわけではないということを理解しておく必要があるかもしれません。

痛みの他に鍼灸の適応としては、1996年にWHO(世界保健機構)が出した鍼灸の適応リストというのがあります。 それには50疾患が適応になっています。

テニス肘 頸部筋筋膜炎 頸椎炎 変形性膝関節症 慢性関節リウマチ 上腕肩 甲関節周囲炎 捻挫と打撲 頭痛 片頭痛 緊張性頭痛 坐骨神経痛 腰痛 扁桃摘出術後疼痛 抜歯後痛 術後疼痛 ヘルペス後神経痛  三叉神経痛 腎結石疼痛 胆石疝痛 胆石 胆道回虫症 胆道ジオキネジー 急性扁桃炎 咽頭炎 喉頭炎 慢性副鼻腔炎 気管支喘息  下痢 過敏性腸症候群  狭心症を伴う虚血性心疾患 高血圧 低血圧 不整脈 神経循環性無力症 便秘 月経困難症 分娩の誘発  月経異常 女性不妊 男性不妊 インポテンス 遺尿症 尿失禁 尿閉 白血球減少症 メニエール症候群 近視 肥満 片麻痺 うつ病  アルコール中毒 薬物中毒 たばこ中毒

世界的な基準ではこんなにも多くの疾患が鍼灸の適応となっているんです。

これらの症状でお困りの方は一度鍼灸院に相談してみるのもいいかも(^-^)/

 

 

 

| | コメント (0)

パーキンソン病について学ぶ

Pc260070 先日、飯伊鍼灸師会において丸山哲弘医師(まるやまファミリークリニック院長)をお招きし『パーキンソン病について』ご講演頂きました。基礎的なことから、症状、治療に至るまで幅広くご講義頂きました。

その中で、治療は内科的治療が中心となるが、筋肉のこわばり、腰痛をはじめとする筋肉痛、自律神経症状には鍼灸や漢方を併用していく方がより効果的であると述べておりました。

丸山先生は神経内科が専門ではありますが、内科、整形外科、小児科、漢方など幅広く診られ患者さんを統合的に診ていくスタンスをお持ちです。いろんな意味で勉強になります。

より患者さんに喜んでいただくためには、常に自分自身のレベルアップを図ることが必要だと思います。

来年もさらなる成長を目指して頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0)

腎盂腎炎による腰痛

先日こんな患者さんがみえた。

30代女性、2日ほど前より左の腰が痛い。

今まで腰痛もなく特に思い当たる原因はない。

しいていえば前日に長時間岩盤浴で大量の汗をかいた。

安静にしていても痛みがあり、痛みにより腰をかがめてしまう。

もしかしてと思い、熱をはかってみると37.8℃。

全身倦怠感あり、わずかに頻尿傾向、排尿時の違和感、腹部の膨満感、効いてみると朝不正出血のような出血もあり。

患者さんに腎盂腎炎の疑いがあるので、明日には泌尿器科を受診するように告げた。

鍼灸治療でも改善する可能性を告げ治療させていただいた。

まずは腎機能を高め、利水を目的に治療させていただいた。

治療後、お腹の張りも軽減し、痛みも和ぎ、熱も37.2℃まで下がった。

その患者さんははじめて鍼灸治療を受けたのですが少しびっくりされていました。

『てっきり普通の腰痛だと思っていました。熱があるなんて思わなかったし、そういうことでも腰痛って起きるんですね』

まさか鍼灸院で腎臓のことを指摘されるとは思わなかったようです。

膀胱炎、腎盂腎炎などは鍼灸治療でも対応できますが一度は泌尿器かでしっかり検査してもらいましょう。

長引かないように病院の治療と併用するとよいでしょう。

ところでこの方ので原因ですが、個人的な見解としては岩盤浴で背中を温めすぎ、汗をかきすぎたことにより、腹部の冷えが強くなったのではないかと思います。

また夏の疲れ、季節の変わり目なども要因になっているのではないかと思います。

なぜ左だけ痛くなったのでしょう?

東洋医学では左の腎臓は水毒が影響するといわれております。

また解剖学的にも左の腎臓の方が右より低い位置にあります。

臨床上左の腎臓にこのような症状が起きることが多いような気がします。

5年ほど前、私の妻も腎盂腎炎になり、病院でクスリを頂いたがなかなか痛みがとれず、鍼灸治療で劇的に痛みが改善したのを思い出します。

このようなこともありますのでお気をつけください!

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

スモン病患者の鍼灸治療

先日スモン病の患者さんがみえた。

大学時代研究の一端で少しみさせていただいたことがあったがそれ以来である。

スモン病とは整腸剤『キノホルム』の薬害であり、腹部膨満のあと激しい腹痛を伴う下痢がおこり続いて、足裏から次第に上に向かって、しびれ、痛み、麻痺が広がり、ときに視力障害をおこし、失明にいたる疾患である。膀胱・発汗障害などの自律障害症状・性機能障害など全身に影響が及ぶこともある。

幸いその方は一時ひどかったが今はだいぶ落ち着いているようであった。

30数年前の出来事なのでこのあたりの地域ではもう2,3人しかいないそうである。

スモン病の患者さんは鍼灸・マッサージの治療は公費で受けることが出来ます。

少しでも楽になっていただけたらと思います。

しかし薬害って恐ろしいですよね!

良くなると思って飲んだ薬で取り返しのつかない身体になってしまうんですもの。

これからはそんなことがないことを祈ります。

人気blogランキング ←今日は何位かな?応援宜しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『内臓からくる痛み???』

先日右の首から背中にかけて急に痛くなったという患者さんがみえた。

よくある症状だが、患者さんは心配され

『うちの人たちが『それは内臓からくる痛みかもしれないから内科に行った方がいい!』というから病院へいこうとおもうんだくけど・・・』

というのである。

確かに内臓が影響している症状なんだけど・・・・。

『もし心配なら検査をしてもらってもいいとは思いますが、胃カメラ飲んだり、CT撮ったりしているうちによくなりますよ。胃の影響、冷房による冷えの影響を受けているとは思いますが病気の疑いは少ないので少し様子を見て、次回の診察の時にでも相談してみたら?』

と伝えた。案の定3回ほどの治療で大方よくなった。

そもそも内臓からくる痛みや症状というのはなぜ起きるのでしょう?

一つにの問題があります。
ものは基本的に熱を持つと体積が増えます。
胃や腸、肝臓など食べたものの影響、薬、お酒、ストレスなどにより熱が高まります
また熱を持つ部分があるとバランスをとるために冷える部分も出来てきます。
熱が高まると、体積が増したり、冷やすために体内の水分がその臓器に集まったりして、身体の重力線の位置が変わります。
胃熱が強くなれば、前方に重力線が傾きます。
肝臓の熱が高まれば右に傾きます。
子宮の左屈があれば左に傾きます。
複合してくるとねじれも出てきます。
話を進めていくと物理や化学のお話になってしまうんですけど・・・。
学生時代物理や化学が大嫌いだったんですが最近は少しは好き??になってきたかな?

ようは体内のいろんな反応が一番痛みとして現れやすい筋肉などに症状を表してくることがあるのです。

それを考えると東洋医学というのは何千年も前から、そのようなことを唱えてきたのだからすごいですよね!

特に変わったことをしたわけではないのに痛みが出てきたというような時にはまずは今の生活を見直してみてはいかがでしょう?

原因となるものが見つかるかも。

身体の症状というのは、身体からのメッセージです!

たまには耳を傾け、身体の訴えも聞いてあげましょう。

なかなか症状が取れなかったり、付随する症状があるときは医療機関で診てもらいましょう。

ただあまり神経質になりすぎて『これも内臓からの痛みでは?』と気にしすぎては検査しきれないこともあります。
半年から1年に一回くらいは診てもらっておくとよいですが、特に大きな変化がなければ過剰に心配しなくてもよいかと思います。
どうしても心配な方は不安を取り除く意味でもしっかり診てもらうのもいいかもしれません。

もし検査で異常が見つかって治療が必要だとわかってから治療法を選ぶのは自分自身になります。

薬だけに頼るのもよいですが、東洋医学的な鍼灸治療なども併用するとよりよい効果がえられますよ!

人気blogランキング ←こちらをぽちっと押していただけると・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お腹の痛み

今日はまじめにお勉強しましょう!  Hukutuu02

お腹が痛くなると心配になりますよね。痛みがあるということは何かしら原因があると思われます。

急激に痛くなり痛みが続くもの
頻繁に痛みが繰り返されるもの
耐え難い痛み
腫れ、腹水を伴うもの・・・などは
一度医療機関でしっかり診てもらいましょう!

腹痛の原因はさまざまですが場所によりある程度推測が出来る場合があります。

①心窩部(みぞおち)の痛み
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道炎、膵炎、心筋梗塞、虫垂炎の初期など

②右上腹部の痛み
胆のう炎、胆石症、肝炎(まれに右尿路結石、右腎盂腎炎)など

③左上腹部の痛み
胃潰瘍、胃の中のガスによる仙痛、すい臓病、まれに左尿路結石。すい臓病のときの痛みは、しばしば左背部、左肩へ広がる。

④右下腹部の痛み
虫垂炎、右尿路結石、右卵巣の炎症や腫瘍。

⑤左下腹部の痛み
大腸炎、憩室炎(消化管に出来る袋のようなくぼみの炎症)、過敏性腸症候群、左尿路結石、左卵巣の炎症や腫瘍。

⑥下腹部全体の痛み
尿管結石、膀胱炎、生理痛

⑦ソケイ部(足の付け根付近)の痛み
そけいヘルニア(腸が飛び出す)、そけい靭帯の痛み

⑧腹部全体の痛み
腹膜炎、イレウス(腸閉塞)、胃腸炎、過敏性腸症候群、慢性便秘。尚、腹部の痛みの位置が定まらず、移動する時は、便秘や胃腸炎によるガス仙痛である事が多い。

急な腹痛で緊急を要する場合
①炎症
腹膜炎、膵炎、胆のう炎、虫垂炎、卵管炎など

②閉塞
腸閉塞、尿路結石

③穿孔や破裂
胃十二指腸穿孔、子宮外妊娠、外傷による腸・肝・腎・脾臓の損傷

④血行障害
腸間膜血栓症、卵巣の茎捻転

このような場合は早急に医師の診断を仰ぎましょう。

ただし、医学的にはたいした診断もつかず、起きたりおきなかったりを繰り返す腹痛は、食べ過ぎ、飲みすぎか、冷え、血行不良によるものがほとんどです。
まずは『よく噛み、腹八分目にする』ことや『お腹を温める』ことは肝心です。

鍼灸治療の適応になるものも多いので一度ご相談ください。

東洋医学的な腹診により、症状が出る前の予防も可能です。

やはり『未病治』が一番ですよね!

人気blog ←いろんな人気ブログが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

胃の調子はいかがですか?

みなさん最近胃の調子はいかがですか?
この梅雨時は胃腸の調子を崩す方が多いようです。
胃がしくしく痛む、胃がもたれる、胃が張る、食欲がない、吐き気がする・・・など。
胃の症状というのはさまざまです。自覚症状のあまり出ない人もいますが・・・。
胃は体調や天候、ストレスなどの影響を受けやすい、とてもデリケートな臓器です。
胃の不調の原因としては胃の運動機能が低下して起こるタイプ(NUD)と、
ピロリ菌ストレス痛み止めなどの薬剤により、胃の粘膜が傷つき起こるタイプが考えられます。

胃には、摂取した食物をためておく『貯留機能』
胃酸と混ぜ合わせてドロドロにする『攪拌・混和機能』
蠕動・収縮によって十二指腸に送り出す『排出機能』
という連動した機能があります。
はじめにしっかり『貯留』するためには、胃が十分にリラックスして摂取した食物の量に応じて胃壁を拡げることが大事です。
この胃の『リラクゼーション』が傷害されると胃が膨らまず十分の量が取れないし、次に起こる排出機能も傷害され、腹部の膨満感、胃もたれ、食欲不振などの不快な症状を引き起こします。

西洋医学のクスリには胃酸の分泌を抑制するものや胃の運動機能を回復させるものはたくさんありますが、胃の貯留機能を改善させる薬はないようです。
鍼灸治療でも昔から胃腸の治療は行ってきました。
その症状にあわせ、胃酸の分泌を抑える治療、胃の動きを活発にする治療、胃をリラックスさせ貯留機能を改善させる治療などを鍼灸の刺激により行うことが出来ます。

またこのような胃の調子の悪い方というのは必ずといっていいほど肩こり、頭痛、腰痛などの症状も持っていることが多いです。
このような内臓的な問題の強い方は凝っているところを揉んだだけではなかなか思うようによくなりません。
しっかり元を治療しないと!

胃の調子の悪い方が気をつけることは
・暴飲暴食を避け、規則正しい生活をする。
・腹八分目にしてよく噛んで食べる。(出来れば1口50回以上、調子が悪い時は無理して食べない、1食絶食する。ひどい時は1日野菜ジュースなどだけで絶食し胃を休める。)
・強いアルコール、コーヒー、煙草、香辛料、甘いもの、脂っこいものは控えましょう。
・繊維の多い野菜や消化の悪いものはよく煮てやわらかくして食べましょう。
・ストレス解消を心がけ、適度な運動などで気分転換をしましょう!

胃の調子というのは非常に大事です。
胃の調子次第でやる気も元気も変わります。

たまには胃をいたわりましょう!

人気blogランキング ←よろしければクリックしてもらえると嬉しいんですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顎関節の異常

顎関節(TMJ)の異常によりさまざまな症状をもたらすことがあります。

顎関節は最も平衡感覚に関与しているとも言われています。

顎関節自体に症状が無いことも多いですが悪化すると顎の痛み、顎が開け難くなる、動かすと音がするようになる、顎がはずれやすくなるなどの症状が出るようになります。このような症状が出ると『顎関節症』といわれます。

また顎関節に関与する症状としては、肩こり、頭痛、耳鳴り、三叉神経痛、五十肩、膝痛、股関節痛などがあります。内臓的には胃、大腸、子宮、卵巣なども関与するといわれています。

原因はいろいろあるのですが主に・歯ぎしり・食事の時片方ばかりで噛む・長電話が多い・歯の異常、歯並び・姿勢的な異常・内臓的な異常などがあります。

どのような状態が異常かわかりにくいとは思いますが、まず・口をあけた時指が縦に3本入らない・鏡を見ながら口をあけた時まっすぐ開いてない・耳の下のくぼみに指を当て口の開閉をしたとき左右差があるなど目安になると思います。

顎関節の異常も鍼灸治療、手技的な治療により改善します。

治療法は状態によって異なりますが顎関節、頚部(C1、C2、C3)、仙腸関節などを使います。

歯並び、顎の形状の異常に関しては歯科、口腔外科にてしっかり診てもらいましょう。

顎関節が正常になり、噛み合わせがよくなると美人になりますよ(●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋本病って?

鍼灸治療を受診する患者さんの中に、甲状腺に異常のある患者さんがいる。

大きく分けると、機能亢進症と低下症がある。

甲状腺機能の低下する病気の代表が橋本病です。橋本病も甲状腺臓器特異性自己免疫疾患の1つで、体質の変化により、甲状腺を異物とみなして甲状腺に対する自己抗体(抗サイログロブリン抗体、抗マイクロゾーム抗体)ができます。この抗体が甲状腺を破壊していく為、徐々に甲状腺機能低下症になっていきます。
 橋本病は、慢性甲状腺炎ともいいますが、大正元年に九州大学の橋本 策(はるか)先生が発見し、橋本病は日本人の名前がついた病名としても世界的に有名な疾患です。


 甲状腺機能低下症は、バセドウ病と正反対で、甲状腺ホルモンの量が不足して、新陳代謝が低下し全てが老けていくような症状がみられます。無気力で頭の働きが鈍くなり、忘れっぽく、ひどくなると痴呆の原因の1つにもなります。寒がりで皮膚も乾燥してカサカサになったり、体全体がむくみ、髪も抜け、眠気がありボーッとして活動的でなくなります。

 しかし、甲状腺が腫大したり、のどの違和感を訴え橋本病と診断されても、すべての橋本病が甲状腺機能低下症を伴うわけではありません。約40%の人に機能異常があります。

 橋本病の治療についてですが、甲状腺機能が正常であれば体に影響がなく自覚症状はないので薬は必要ありません。ただし、甲状腺腫がかなり大きい場合は、甲状腺ホルモン剤を服用すると腫れを小さくする事ができます。
しかし、単に足りない分を補充しているだけですので長期間の治療が必要となります。ですが、薬の効果がでれば、症状は消失し日常生活は薬を服用しながら運動、仕事、妊娠、授乳など何でもできます。

 なお最近、マスコミなどでヨードが体に大変良いと宣伝され、根昆布などの健康食品も流行しています。ヨードを多く含む昆布は、一部の人や橋本病の人には甲状腺機能低下を助長させるので、普通以上に食べない方が良いです。

 甲状腺の病気を治すというのは非常に難しいのですが、東洋医学的な治療(鍼灸、漢方など)も体質改善、症状の改善という点ではアプローチが出来るのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)